「ほっ」と。キャンペーン

落雁と季節の会 sukiraku.exblog.jp

落雁作りから広がる、日本の四季や行事、色、味、もてなしをマニアックに伝える 作り・包み・味わう会


by ぺたこ&鳴海彩詠
プロフィールを見る

カテゴリ:2016年( 7 )

a0254466_02271210.jpg


12/26〜1/10 年をまたいで開催される〜寿ぎ〜のイベントに参加させて頂きます!

寿ぎ~祝いのカタチ・ニッポンの縁起物~
伊勢丹新宿店 
本館2階=センターパーク/TOKYO解放区
会期:12/26(月)~1/10(火)
※1/1(日・祝)・1/2(月・休)は店休日

『寿ぎ(ことほぎ)』と呼ばれる日本古来からある価値観・たしなみ。ギフトコンシェルジュ真野知子氏によるセレクトを中心にラッキーアイテムとしての日本の縁起物をご紹介します。
日本の祝いの文化を年末年始を通じて、楽しみながら再発見していただける企画をご提案いたします。

a0254466_02271356.jpg


・ワークショップ・
お好きな桐箱入りの縁起物の宝物(アクセサリー)を選んで頂き、清浄な白の和紙で包み、昔ながらの麻の紐だけで結び仕上げるお包みを致します。

a0254466_02271390.jpg


また、オリジナルの福包みも折り、お好みの表情で赤を添えて仕上げて頂きます。

a0254466_02271421.jpg


桐箱にはペタコが赤で絵付けした吉祥模様。
白の和紙の向こうにうっすらと見えます。
オリジナルのぽち袋 「福包み・かさ なり」も折って頂きます。

a0254466_02271542.jpg


内包みにも赤を添えるので、開けた時の楽しさ、おめでたさ、嬉しさも添えています。

日|12/27(火)・29 (木)
(1月のワークショップ予定はありません。)
時|14:00〜15:00、16:00〜17:00
参加費|¥5940(税込)(桐箱入りアクセサリーとぽち袋のお持ち帰り)
定員|各回5名

▼ 予約・詳細問い合わせ
本館2階=センターパーク/TOKYO解放区(03-3352-1111大代表)までお問い合わせくださいませ。

a0254466_02271534.jpg


桐箱入りの落雁の型から生まれたアクセサリーは、帯留やブローチなど。
ぜひお気に入りを見つけて、誰かの為に、自分の為に、丁寧に日本のお包みをしてみませんか?
縁起物のモチーフの意味や和紙のこと、包むことの作法などもお伝えしますので、モノだけではなく、込められた想いなども一緒にお持ち帰り下さい。

新年にむけて、また、日常にも使える「包む」こと、ぽち袋を「折る」ことをぜひ今年中に体感して下さいませ。
[PR]
by love-rakugan | 2016-12-21 11:11 | 2016年 | Comments(0)
a0254466_19080997.jpg


おばあさんが作ったお団子を、
谷を挟んで向こう山のおじいさんへ、ホイッ!

「落雁と季節の会」のワークショップは、単なるお菓子教室ではなく、落雁を媒体として日本の文化を次へ繋げることを一番大切にしています。
5年目の今年、また新しい方々へも沢山お伝え出来ますように☆

「落雁」という昔からの和菓子のこと、
季節や行事のカタチ、味のこと、
誰かにプレゼントをするときの包みに日本ならではの込められた想い、
和室でゆっくりと釜の音を聞きながらお抹茶と共に味わうこと

伝えたいことは、沢山あります。
受け取って頂けたら、嬉しいです。

a0254466_19080932.jpg


竹皮に包むこと

a0254466_19081099.jpg


同じ包み方でも和紙になると表情も変わります。
お正月にも使えるような包み方の応用も。

a0254466_19081111.jpg


おばあさんからおじいさんへ伝える オリジナルメッセージカード付きです。

キャンセルなどがあり、両日ともお席に空きがえります。

下記必要事項を明記の上、
loverakugan@gmail.com までお申し込み下さいませ。

件名「落雁ワークショップ」
↑今回は、他のワークショップの受付も同じアドレスでありますので、必ず件名に「落雁」と明記下さいますようお願い致します。
1・参加希望日(11/19土 or 11/20日)
2・お名前(ふりがな)
3・ご住所
4・当日連絡可能なお電話番号
5・連絡先メールアドレス
6・年齢

申し訳ありませんが、男性の方は女性の方とご一緒にご参加下さいませ。

ご一緒に参加の方がいらっしゃる場合もまとめてお申込み出来ますが、必要事項は人数分明記の上、お願い致します。

申し込みメールが届きましたら、確認メールをお送り致します。
当日の進行をスムーズにする為、参加費をそのメールに記載されております振込先にお願い致しております。
振込完了メールをもって、正式なお申し込みとさせて頂いております。

[PR]
by love-rakugan | 2016-11-15 11:11 | 2016年 | Comments(0)
a0254466_08305982.jpg


本日11/9より、ワークショップの受付が始まりました!
お申込み状況は緩やかですので、まだまだご参加頂けます。

今回のお包みのベースは、竹皮を使います。
お話「団子浄土」の中で、おばあさんは山へ出掛けているおじいさんの元へお昼ご飯としてお団子を届けるんですね。
その時、きっと包んでいたのは竹皮じゃなかったかなぁと。
昔から「包み」として使われていた「竹皮」を今一度見直して、何故使われ続けているのか、どうやって使うのか、などをお話しながら使って頂きます。
そして、包み方からの応用編も。

作って頂いた落雁は、すぐに誰かにお福分け出来るようにしてお持ち帰り頂いています。
作ったこと、知ったことなどもお話ししながら、ぜひ、誰かに伝えてください。
それが「一番大切」だと思っています。
ご参加、お待ちしております!

下記必要事項を明記の上、
loverakugan@gmail.com までお申し込み下さいませ。

件名「落雁ワークショップ」
↑今回は、他のワークショップの受付も同じアドレスでありますので、必ず件名に「落雁」と明記下さいますようお願い致します。

1・参加希望日(11/19土 or 11/20日)
2・お名前(ふりがな)
3・ご住所
4・当日連絡可能なお電話番号
5・連絡先メールアドレス
6・年齢

申し訳ありませんが、男性の方は女性の方とご一緒にご参加下さいませ。

ご一緒に参加の方がいらっしゃる場合もまとめてお申込み出来ますが、必要事項は人数分明記の上、お願い致します。

申し込みメールが届きましたら、確認メールをお送り致します。
当日の進行をスムーズにする為、参加費をそのメールに記載されております振込先にお願い致しております。
振込完了メールをもって、正式なお申し込みとさせて頂いております。
[PR]
by love-rakugan | 2016-11-09 11:11 | 2016年 | Comments(0)
a0254466_10095910.jpg


7/7 「深川リズム」でのワークショップ
夏味の落雁とお抹茶の味わい

落雁と季節の会では、「つつむ」ことも大切にしています。
毎回、和紙や自然素材を使った日本の昔からのおつつみを、会ならではの視点で紐解いて、作って頂いた落雁と共にお持ち帰り頂いています。
「つつむ」ということは、出来上がったものを保護する役割はもちろんのこと、「ほどく」時の自分や相手に対して 想い を込める意味もあると思っています。

今回はちょうど七夕。
七夕に付き物になっている「紙縒り こより」を色々な和紙で作り、添えて頂きます。

a0254466_10100098.jpg


昔はこの紙縒りを上手に縒れることは たしなみ の一つであり、何かと便利に使われていたようですが、現在ではその存在も自分で縒ることも日常から離れています。

a0254466_10100049.jpg


紙縒り の意味や使い方、何故七夕には欠かせないのかなどをお伝えしながら、紙縒りを縒り、青・赤・黄・紫 の絹糸を添えておつつして頂きます。

7/7 誰かを想い、自分の為に、作る・包む・味わう をどうぞご一緒に。

① 10:00〜11:50
⑤ 18:00〜19:50

2回開催ですので、お仕事が終わった後にもぜひ。
落雁の詳細は、こちら

只今、お申し込み受付中です。
下記必要事項を明記の上、
loverakugan@gmail.com までメールをお送りください。
他の3種のワークショップも一緒にお申し込み出来ます。

件名「7/7 ワークショップ申し込み」
1・参加WS名
(①10:00〜落雁、②12:00〜羽織紐、③14:00〜空玉、④16:00〜香り、⑤18:00〜落雁)
2・お名前(ふりがな)
3・ご住所
4・当日連絡可能なお電話番号
5・連絡先メールアドレス
6・年齢

申し訳ありませんが、「落雁ワークショップ」は男性の方は女性の方とご一緒にご参加下さいませ。

ご一緒に参加の方がいらっしゃる場合もまとめてお申込み出来ますが、必要事項は人数分明記の上、お願い致します。

3日経ってもこちらから返信がない場合は、メールの不具合もあるかと思いますので、再びご連絡下さい。
また、loverakugan@gmail.com アドレスが受信出来ますように、設定をお願い致します。


[PR]
by love-rakugan | 2016-06-27 11:11 | 2016年 | Comments(0)
a0254466_10294598.jpg


3/26 より、4/9・10のワークショップの受付が始まりました!
早々にお申し込みの皆様、ありがとうございます。
3/26中にお申し込み頂きました皆様へは、全て返信を完了しておりますので、どうぞご確認をお願い致します。
もし、届いておりません時には、こちらへもメールが不時着の可能性がありますので、お手数ですが今一度ご連絡頂けますと助かります。
また、お申し込みに頂いたメールへ返信しておりますが、たまに loverakugan@gmail.com アドレスを受信出来ない場合がございます。
gmailはたまに迷惑メールへ振り分けられることが多いですので、お手数ですかん受信可能にして頂ければと思います。
こちらも今回は、i.softbank アドレスが弾かれておりましたので、一部の方への返信が遅くなってしまいました。
申し訳ありませんでした。

a0254466_10294696.jpg


午前中のお抹茶ワークショップを含め、まだご参加可能ですが、お早めのお申し込みをオススメ致します。
どちらも内容な充実ですが、雰囲気は気軽な会ですので、お気楽な格好でどうぞ。
もちろんお洋服で大丈夫です。
皆様のご参加、お待ちしております。
[PR]
by love-rakugan | 2016-03-27 10:18 | 2016年 | Comments(0)
a0254466_23123693.jpg


今年「落雁と季節の会」ではもう一つワークショップを開催します!

庭に面した気持ちいい茶室を生かして、もっとお抹茶を味わうこと、点てる楽しみもお伝えしたいと思っています。

落雁ワークショップの最後の一時間でも、茶室でのお点前でいざという時に困らない簡単な基本的お作法をお伝えしていますが、そこだけ参加したい!というお声もあって、今年は午前中に開催です。
もっと気楽に、基本の???からお答えしつつ、抹茶の魅力とお菓子との関係、そして、自分で美味しく点てることを楽しんで頂くワークショップです。
気軽な会ですので、どうぞお気楽な格好でご参加ください。
洋服で大丈夫、お着物を着る機会としても大歓迎です!
畳の茶室になりますが、正座ではなくもちろん足を崩して頂けます。
痺れない正座のコツもお伝えしますがっ。
また、床座りが難しい方には座椅子に腰掛けて頂くことも出来ますので、お申し込みの際にお書き添え下さい。


a0254466_19172234.jpg


「お抹茶を味わう基本作法と、点てる楽しみ」ワークショップ
・日時:4/9(土)・10(日)11:30〜12:30
・定員:各日6名ずつ
・会費:2500円
・持物:なし

季節のお菓子と落雁と季節の会の新作落雁で、お抹茶を2服楽しんで頂きます。

3/26(土)11:11〜
下記アドレスへ必要事項をお書き添えの上、お申し込み下さい。(先着順になります)
件名「お抹茶ワークショップ」
1・ご希望日(4/9土 or 4/10日)
2・お名前(ふりがな)
3・ご住所
4・当日連絡がつく電話番号
5・連絡先アドレス
6・茶道経験、お抹茶を点てたことある?
loverakugan@gmail.com まで。

ご一緒に参加の方がいらっしゃる場合もまとめてお申込み出来ますが、必要事項は人数分明記の上、お願い致します。

[PR]
by love-rakugan | 2016-03-11 11:17 | 2016年 | Comments(0)

【一欅庵*和の暮らし展 ~御伽草子の玉手箱〜 瑠璃のかんざし ワークショップ】


ゆるゆると…ですが、2016年5年目を迎えます 落雁と季節の会、今年お初のワークショップもどうぞよろしくお願い致します。


a0254466_00583197.jpg
2016年の一欅庵(いっきょあん)でのテーマは、御伽草子の玉手箱。

地に伝わる美しい素敵な御伽草子をピックアップして、日本の細やかなことが詰まった玉手箱のように盛りだくさんお伝えしていきます。

春夏は、神奈川に伝わる不思議で可愛いらしいお話「瑠璃のかんざし」を。
お話は追々お伝えしていきますが、このお話に因んだカタチとお味、色の落雁を作り、和のお包みをして、茶室でお抹茶と共に味わって頂きます。


a0254466_01011116.jpg
青いプレーン、桜色の桜海老、白いソルト

3色3味の甘塩っぱい海のお味。
どうぞお楽しみに!
意外とお酒のツマミにも合う落雁になっております(*´pq`*)ムフッ


・日 :4/9(土)
10(日)残席2
・時間:14:00〜17:00(途中10分ほど休憩あり)
・場所:西荻窪 一欅庵(いっきょあん)
    東京都杉並区松庵2-8-22(JR西荻窪駅南口 徒歩8分)
・定員:各日12名ずつ
・会費:4300円(テキスト、型、材料、お包み、お茶代込)
・持物:お手拭き、筆記用具


会も5年目を迎え、楽しんで下さる方々が多岐に渡り増えて参りました。
とても嬉しく有難いことです。
和菓子は素手で作業、成型して頂くのが一番綺麗に出来上がりますが、より多くの方に気持ちよくご参加頂く為に、今回より一部使い捨て手袋を使用致します。
また、その他諸々を見直し、会費を少し上げさせて頂きますこと、ご了承下さいませ。
作る、包む、味わう3時間の中で、より多くのことを感じ、楽しみ、持ち帰って頂き、より沢山の方に伝え、分かち合うことが出来ますように、努めて参ります。


会場は畳の和室ですが、床座りが出来ない方の為に、座椅子の用意も少しございます。
茶室でも足を崩して頂けますので、どうぞお気軽にご参加下さいませ。


4月の落雁ワークショップは、3/26(土)11:11〜 より受付開始致します。
先着順にて受付致します。

下記必要事項を明記の上、

loverakugan@gmail.com までお申し込み下さいませ。

件名「落雁ワークショップ」

1・参加希望日(4/9土 or 4/10日)
2・お名前(ふりがな)
3・ご住所
4・当日連絡可能なお電話番号
5・連絡先メールアドレス
6・年齢


申し訳ありませんが、男性の方は女性の方とご一緒にご参加下さいませ。


ご一緒に参加の方がいらっしゃる場合もまとめてお申込み出来ますが、必要事項は人数分明記の上、お願い致します。

また、DMご希望の方は、
お名前、ご住所を明記の上、loverakugan@gmail.com
までご連絡くださいませ。


a0254466_01010318.jpg

[PR]
by love-rakugan | 2016-03-08 11:11 | 2016年 | Comments(0)