落雁と季節の会 sukiraku.exblog.jp

落雁作りから広がる、日本の四季や行事、色、味、もてなしをマニアックに伝える 作り・包み・味わう会


by ぺたこ&鳴海彩詠
プロフィールを見る

<   2013年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧

早口言葉でどうぞ!


フミ・フクベ・フジサン・フクマメ・フクカエル
フミ・フクベ・フジサン・フクマメ・フクカエル
フミ・フクベ・フジサン・フクマメ・フクカエル

a0254466_15152782.jpg


3回上手く言えると、きっと爽やかなフクがやってきます(笑)

a0254466_15134579.jpg


レモンは、情熱の木。
爽やかさの奥には、あつーいものを秘めております。

a0254466_15135114.jpg


カエルもそろそろ井戸端会議をする季節。
ゴールデンなカエルに出会ったら、とっても金運上がりそう♪

***

甘酸っぱい初恋の味、レモン。
添えるは、新茶。

5/11(土)にお作り頂けます!
詳細は、こちらにも。
下記をお書き添えの上、お申し込みくださいませ。

1・お名前(ふりがな)
2・ご住所
3・当日連絡可能なお電話番号
4・連絡先メールアドレス
5・年齢

◆初めてご参加の方
6・アンケート1:お抹茶を点てたこと、また茶道を習った経験は?
7・アンケート2:着物に対するご興味、また 着物暦は?

◆参加2回目以降の方
8・新しい「通い箱」の必要・不必要
基本的に1度ご参加くださった方は、
最初の回でお持ち帰り頂いた「通い箱=大きい桐箱」をご持参頂きますと、
(講習費:3500円)でご参加頂けます。
今回も箱をご入り用の方は、「通い箱、必要」とお書き添えください。
その場合は、講習費:4000円になります。
「通い箱」のデザインは、毎回テーマに合わせて変わります。

上記、お書き添えの上、下記アドレスまで♪
loverakugan@gmail.com
[PR]
by love-rakugan | 2013-04-26 15:22 | 08:涼やかなる新しい風


近江の国の大きな海、琵琶湖。
「近江を制する者の、天下を制す」と言われたこの地に、
熱い夏を涼やかに過ごす偉大なる布が昔ながらの手で作られ続けています。
近江上布。
今、近江の国はいろんな面で新しい風が吹いています!
『落雁と季節の会』 も、昨年からご縁を頂き、今回も。

5月の会は、
「近江 新之助上布とその仲間たち」展のイベントのひとつとして、開催です。
立夏を越え、夏支度ですよー。

近江上布はかつて、近江商人の手によって、全国へ。
そんな近江商人は、三方よし(売り手より、買い手よし、世間よし)の精神で商売繁盛を。
招福のシンボルは、福助さん。
去年の近江八幡では、立体福助さんも作りました!

a0254466_7493744.jpg


そしてお持ち帰りは、「ふ」のつくお福分けセット。
今ではよく使われる「お福分け」という言葉、実は近江の福助さんからの由来なのです。

今回は、この「ふ」のつくお福分けの夏バージョン。
小さくポチっと可愛い5種は、5種セットでも1種だけたくさん作っても可愛く、
まさにお福分けするのにぴったりなセット。

富士山、文、ふくべ、福豆…は、定番で外せないカタチ。
さて、あとひとつは・・・!
かわいいかわいい福蛙です!
スペシャルの大型は檸檬の枝。
蕾、花、実、人と人、世代と世代、
物と物がつながりり繁栄をもたらすような
今回の集いをイメージしてデザインしています。

a0254466_16312019.jpg

こんな風にも作れます。
a0254466_16322011.jpg

福蛙♪
a0254466_16314395.jpg

他にはない新しい上布を若いクリエーターと共に次から次へと生み出す「之助上布」
上布は、夏を涼しく過ごす頼もしいアイテム。
フレッシュな勢いに満ちている之助上布をイメージして、
今回のお味は、レモンです!
お口に入れるとレモン。
その後、お!これは!と、
味が変化する今までにない不思議美味しい落雁が出来上がりました。

5月は、熱い夏に向けて、
新之助上布のようにカラフルに柔らかくもシャキっとした落雁。
目で、舌で、そして上布を触って、夏準備をしてくださいね。
カタチの由来、味のコト、上布のコト、近江のコト。
いろいろ交えてお伝えします(^^)/

どうぞお楽しみに♪

***


落雁と季節の会
~ 涼やかなる新しい風 ~


2013・05・11 (土)
14:00~16:00 (13:45より受付)

会場 / ギャラリースペースしあん 
都営地下鉄大江戸線(つくばエクスプレス)「新御徒町」A1出口 徒歩約1~2分)

参加費 / 4000円
(材料、型数種、テキスト、持ち帰り・ギフト用桐箱、抹茶 代 込み)
前回参加された方で「通い箱」をご持参くださる方は、3500円でご参加頂けます。

持ち物 / お手拭き、お抹茶用のmyお茶碗、筆記用具、持ち帰り用の袋、
通い箱(参加2回目以降の方)

定員 / 10名 (満席になりました)

+++

お申し込みは、
こちらの記事に下記の内容を明記の上、
<非公開コメント>にチェックを入れて送信ください。

1・お名前(ふりがな)
2・ご住所
3・当日連絡可能なお電話番号
4・連絡先メールアドレス
5・年齢

◆初めてご参加の方
6・アンケート1:お抹茶を点てたこと、また茶道を習った経験は?
7・アンケート2:着物に対するご興味、また 着物暦は?

◆参加2回目以降の方
8・新しい「通い箱」の必要・不必要
基本的に1度ご参加くださった方は、
最初の回でお持ち帰り頂いた「通い箱=大きい桐箱」をご持参頂きますと、
(講習費:3500円)でご参加頂けます。
今回も箱をご入り用の方は、「通い箱、必要」とお書き添えください。
その場合は、講習費:4000円になります。
「通い箱」のデザインは、毎回テーマに合わせて変わります。

+++

折り返し、「お申し込み確認メールと振込先」を連絡先アドレスにお送り致します。
講習費の「振込確認メール」をもって、
正式なお申し込み完了とさせて頂きます。

当日、やむなく欠席された場合は、
当日制作しました落雁をお詰めして、テキストと共に着払いにてお送りさせて頂きます。

お集まり頂いた方の年齢やアンケートを元に、
お話する内容などを変化させたいと思っていますので、
初めての方は<1~7>の記入をどうぞよろしくお願い致します。

+++

お問い合わせは、
名前、連絡先アドレスを明記の上、
<非公開コメント>にチェックを入れて送信ください。
折り返し、コメント、メールにて返信させて頂きます。

+++

ぺたこ & 彩詠 の連絡先をご存じの方は、
直接、お申し込み参加メールを送ってくださっても大丈夫です。
メールに、上記の<1~7>までの内容をお書き添えくださいませ。

グループで代表者の方がまとめてのお申し込みも可能です。
その場合もそれぞれの<お名前、年齢、アンケート1・2>の記入はお願い致します。

+++

ご参加をお待ちしております!

blog に書き込みが出来ないとのご連絡も頂いております。
原因はちょっと分からなく申し訳ないのですが、
その場合は、下記アドレスへ上記の内容をご記入の上、お申し込みをお願い致します。

loverakugan@gmail.com
[PR]
by love-rakugan | 2013-04-17 11:11 | 08:涼やかなる新しい風