「ほっ」と。キャンペーン

落雁と季節の会 sukiraku.exblog.jp

落雁作りから広がる、日本の四季や行事、色、味、もてなしをマニアックに伝える 作り・包み・味わう会


by ぺたこ&鳴海彩詠
プロフィールを見る

<   2014年 02月 ( 18 )   > この月の画像一覧

a0254466_16313055.jpg


気持ち良く晴れた二日間。
今年最初の『落雁と季節の会』
「春を祝う、摘む」満員御礼にてお開き致しました!
初めての試み、季節を共に楽しんで下さる作家さんの新作発表会と同時開催の今回、ご来場&ご参加くださいました皆様、ありがとうございました。

ゆったりと一足早く春を感じて楽しめたなどのご感想も頂いていますが、一欅庵 という素敵な場にとても助けられました。

a0254466_16313067.jpg


雪の残るお庭を眺められる茶室では、作り立ての落雁で一服を。

これから会の様子の写真が沢山上がってくる予定ですので、またゆっくりとご報告をさせて頂きます。

次回は、5/23・24「夏を過ごす、夏を寄せる」
また違った風景を感じて頂けるかと思います。
受付は、4/21からの予定。
どうぞお楽しみ^^
[PR]
by love-rakugan | 2014-02-23 16:15 | Comments(0)
陶芸の鈴木陽子さん。

a0254466_1381453.jpg


今年に入ってから カジュアルなお茶道具も少しずつ増やし始めています。
磁器のお茶道具の他にも、ホッコリ温かみが出ないかなと 手びねりで陶器の志野土のお茶碗にも挑戦。。

今回のイベント用にカジュアルなお茶道具たちも作りました!
写真は制作途中の素焼きのもの、これに絵付けなどをして焼き上げます。
[PR]
by love-rakugan | 2014-02-21 01:40 | 2014年 | Comments(0)
和キッチュの半衿の新作を
どうしても西荻窪に持って行きたくて、ベトナムの直子さんにお会いしたのが月曜日。
こんな可愛い半衿を受け取ってきました!間に合いました!
a0254466_16355298.jpg

ピンクのパンダ半衿は、刺繍する人がとっても苦労した1枚で、
顔の表情がとても微妙。
そこがかえってとってもゆるキャラのようで、私喜んでます。

みなさんもぜひ西荻窪で実物をご覧ください。
お待ちしています!
[PR]
by love-rakugan | 2014-02-19 16:38 | Comments(0)

雪の金魚、登場です!

a0254466_1215573.jpg


冬ながら空より花の散りくるは
 雲のあなたは春にやあらなむ (古今集)

野庵です。
準備も大詰めのところ、大雪のNEWSが!

「そんなことでひるむワタクシタチではなくってよ」
心意気だけはあつくまいりたいと思います。

今展示では深堀隆介さんの新作クリアファイル
「雪円 ゆきまどか」がお披露目となります。

当日もし雨または雪が降り、その中で
お越しくださったお客様へ
野庵 毬詠を探して合言葉を言ってください。
こちらのお品をお贈り致します。

合言葉は「降っちゃいました。」

当日、ゆったりお待ちしておりますので
足元にお気をつけていらしてください ^^
[PR]
by love-rakugan | 2014-02-19 12:17 | 2014年 | Comments(0)
a0254466_116262.jpg


「春を祝う、春を摘む」2/21・22の「落雁と季節の会」では、

『全方向大人可愛い、綺麗な帯まわり』

をテーマに、帯結びのワークショップも行われます!

こちらは、会場2階奥座敷で日本をかんじる作家やアーティストの作品や
ビンテージの着物、帯などが並ぶweb shop 野庵 の開催。

こちらは、春夏秋冬を帯結びにうつし、
季節のコーディネートのポイントなどもお伝えしながら、帯まわり を一歩綺麗に前進して頂けるワークショップになっています。

a0254466_1155743.jpg


春の内容は…

● 基本のお太鼓結びと春を結ぶ 大人の変わり太鼓

ふっくら桜の蕾が色づきはじめると気持ちが華やぎます。
春の結びは、そんな控えめな中の華やかさを着付に取り入れたいと思います。

ビンテージの短い帯でも結べる
締めず、ねじらず、ダメージを最小限に、そんな手結びの帯の締め方を練習します。

今回は前で結んで後ろに回す「前結び」ですので、まだ帯に慣れていない初心者さんでも大丈夫です!
春夏秋冬を重ねて来て頂くと、帯まわりの美しい基本を身に付けて頂けます。
「着物は着られるけど帯が…」という方、ぜひ。

a0254466_1161665.jpg


ちらりと見えたり、ふっくらと見えたりする帯揚の美しい結び方と見せ方
ピシッと結ぶ帯〆のコツや位置のこと
などなど、意外と目を惹き、でもなんとなく上手く決まらない帯まわりの収め方を含め、
全方向綺麗に見える帯スタイルを目指して、春夏秋冬でステップアップしていきます。

■ 場所
一欅庵 (いっきょあん) 1F

■ 日時
春:2/21・22 (金、土) 「春を祝う、春を摘む」
いずれも AM 11:30~13:00

■ 定員 8名

■ 会費 ¥1,500

■ 講師 鳴海彩詠

■ 持ち物
名古屋帯、帯枕、帯揚、帯〆、
着物クリップ1つ、
腰紐1本(なるべく細めのもの)、
帯板(なるべくゴムベルト付きの帯板、または前結び用の帯板くるピタッ!)
a0254466_1123574.jpg


■ 着付の会」お申し込みは下記記載の上、コチラまで。 
yarn.event@gmail.com

1 お名前(ふりがな)
2 ご住所
3 当日連絡可能なお電話番号
4 連絡先メールアドレス
5 会へのご希望等コメントを一言
[PR]
by love-rakugan | 2014-02-15 11:27 | 2014年 | Comments(0)
a0254466_1103643.jpg


うずまき堂です。
今日も朝から冷たい雪の一日となりましたが、先週の雪に比べると水気を含んで重たいですね。
ほんの少しずつだけれど春に向かっているということなのかしらん。

春の楽しみといえば雛祭り♡
一欅庵の床の間にも雛人形が飾られるそうです。
長い年月をかけて愛されてきたお人形さんたちは、きっと眺めているだけでホンワカしあわせな気分にさせてくれるでしょうね。

そんなことを想いながら、菱餅カラーのせっけんを作りました!
ふっくらとした泡が気持ちいいですよ〜。
【桃福】と名付けました♪

ちょっと写真があまりキレイじゃなくて残念ですが、雰囲気は伝わるでしょうか?
[PR]
by love-rakugan | 2014-02-15 11:01 | 2014年 | Comments(0)
a0254466_9562783.jpg


2/21(金)・22(土)「春の会」参加の千葉で陶芸をしている 鈴木陽子 です。
普段使いの食器をつくって、デパートや器屋さんで活動中。

http://yokosuzuki1979.blog.fc2.com/
https://www.facebook.com/toukiya

伝統や文化や茶道のことなど色々勉強してみたいです。
イベント用に抹茶碗やその他のお道具も制作中・・(._.*)
よろしくお願いします!
[PR]
by love-rakugan | 2014-02-14 09:58 | 2014年 | Comments(0)

いよいよ来週ですね!

a0254466_16435982.jpg

春の良き日に西荻窪の一欅庵でスタートする
落雁と季節の会。年4回のお楽しみとして
皆様にお会い出来るといいなと思っています♪

和キッチュも年4回、こちらでプチショップを出させていただくような気持ち。
春には春の、夏には夏らしい和キッチュをお見せしたいと張り切っています。

どこよりも早いフレッシュなお品をお見せします。

ではでは、来週お会いいたしましょう♪
お待ちしております。
[PR]
by love-rakugan | 2014-02-11 16:47 | ぺたこ | Comments(0)
a0254466_12278.jpg


「雛のしつらえ」でお迎え致します!

a0254466_124994.jpg


会場となる一欅庵(いっきょあん)

a0254466_143569.jpg


庵主の円さんによりますと…

**

昭和8年に宮大工によって建てられた
二階建ての洋館付き和風住宅です。
2010年1月に登録有形文化財に指定されました。

a0254466_143647.jpg


門の傍にある大きな欅の木と、
家を建てた(庵主にとっての)祖父 の名から一字を採って、
一欅庵(いっきょあん)と名づけました。

関東大震災に遭遇した祖父は、
地震の怖さを生涯忘れることはなく、
「地震にだけは、強い建物にしてくれ。」と、宮大工に依頼したそうです。

**

とのこと。
普段は一般公開はされていませんが、きちんと手入れをされて、昭和の暮らしぶりを知ることが出来る設えを四季折々で公開されています。
2/21・22 の「春を祝う、春を摘む」では、庵に伝わるお雛様の数々が皆様を迎えてくれます。

a0254466_143732.jpg


立春を越えて雛人形が飾られると、春が来たなぁ、と感じます。

a0254466_143778.jpg


中には五人囃子だけいらっしゃるものや、三人官女のうち残っているのは一人だけ、とか、歴史あるお家にまつわる不思議なお話も聞けるかと。

設えはすべて一欅庵にお任せしていますので、一欅庵ならではの「雛のしつらえ」も楽しんで頂けるかと。

a0254466_143853.jpg


一欅庵は西荻窪駅南口よりほぼ一直線、徒歩10分ほど。
この美味しいお店やアンティークなお店などが立ち並ぶ通りは、「乙女ロード」と呼ばれているとか。
フラフラと心惹かれる道すがらを楽しみながら、遊びにいらして下さいね。

普段は見られない「美の壺」でも取り上げられた昭和の邸宅。
この二日間(2/21・22 11:00〜18:00)はご自由に入ることが出来ます。
建物好きさん、着物好きさん、食いしん坊さんなどなど、どうぞお気軽に靴を脱いでお上がり下さいね。
『落雁と季節の会』のワークショップ風景も一部ご覧に頂けます。

お待ちしております *\(^o^)/*

▼ 一欅庵 公式Blog
http://ikkyoraku.blog.fc2.com
東京都杉並区松庵2-8-22
[PR]
by love-rakugan | 2014-02-11 00:27 | Comments(0)
a0254466_16472084.jpg


日々の衣食住を楽しむ時、器は色んな場面を彩り、寄り添ってくれます。
ただ単に食べる為の機能としてのモノだったらなんでもよいかもしれませんが、食事や一杯のお茶を楽しむ為には、お気に入りの器は欠かせません。
なんでもないご飯が、器のチカラで美味しく見えたり♪

a0254466_16472146.jpg


食卓に tea time に、彩詠宅でもヘビロテ活躍中の器たち、そんな器を作られている若手陶芸家 鈴木陽子さんが今回参加してくださいます!
伊勢丹や三越、松屋などのデパートや器好きが通うショップでも多数お取り扱いされている作家さんです。
器のカタチが美しく使いやすい重さや口当たりの良さは勿論のこと、「染付」や「銀彩」「赤絵」などで色と品を添えている器たち。
今回は普段作られている日々の器の他に、抹茶茶碗やもっと気軽に使える抹茶ボウルに挑戦してもらっています。
陶器の帯留も並ぶかも。

一欅庵 2階上がって直ぐの和室に色々並びます!
どうぞお楽しみに♪

現在、下記展にも出展中。

a0254466_16472266.jpg


▲ 一番右の「赤絵」

2014年2月6日(木)~18日(火)
『小さなうつわ展』
会場:水道ギャラリー
http://www.sumeshiya.com/gallery/

鈴木陽子さんblog
[PR]
by love-rakugan | 2014-02-10 12:55 | 2014年 | Comments(0)