「ほっ」と。キャンペーン

落雁と季節の会 sukiraku.exblog.jp

落雁作りから広がる、日本の四季や行事、色、味、もてなしをマニアックに伝える 作り・包み・味わう会


by ぺたこ&鳴海彩詠
プロフィールを見る

<   2016年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

a0254466_10294598.jpg


3/26 より、4/9・10のワークショップの受付が始まりました!
早々にお申し込みの皆様、ありがとうございます。
3/26中にお申し込み頂きました皆様へは、全て返信を完了しておりますので、どうぞご確認をお願い致します。
もし、届いておりません時には、こちらへもメールが不時着の可能性がありますので、お手数ですが今一度ご連絡頂けますと助かります。
また、お申し込みに頂いたメールへ返信しておりますが、たまに loverakugan@gmail.com アドレスを受信出来ない場合がございます。
gmailはたまに迷惑メールへ振り分けられることが多いですので、お手数ですかん受信可能にして頂ければと思います。
こちらも今回は、i.softbank アドレスが弾かれておりましたので、一部の方への返信が遅くなってしまいました。
申し訳ありませんでした。

a0254466_10294696.jpg


午前中のお抹茶ワークショップを含め、まだご参加可能ですが、お早めのお申し込みをオススメ致します。
どちらも内容な充実ですが、雰囲気は気軽な会ですので、お気楽な格好でどうぞ。
もちろんお洋服で大丈夫です。
皆様のご参加、お待ちしております。
[PR]
by love-rakugan | 2016-03-27 10:18 | 2016年 | Comments(0)

始まりは、3.11 から。

「落雁と季節の会」は、今年で5年目を迎えます。
あの震災のあった翌年から始まりました。

a0254466_23003529.jpg


あの日、ペタコ&彩詠は新橋演舞場で歌舞伎を観ておりました。
幕の途中での揺れ。
暫くはそのまま舞台を続けている音羽屋と播磨屋。
どうにもなくなり一時中断。
そして、閉会を静かに告げる二人。
とても印象に残っています。
それから、大変なことになっている!と知り、先ずは腹ごしらえしとかないと…と銀座で飲み、各々帰る手段を模索しました。
テレビで一瞬にして全てが飲み込まれていく様は、人の無力さを感じ、今までそこに脈々と受け継がれていたものを0にしてしまう怖ろしさ。
そんなこんなを感じ考え、ちょうど色々な昔からの伝えられてきたことが曖昧になり、正しく伝わっていけなくなっている現実も知り、色々な危機感を持ちました。
「落雁と季節の会」はそんな背景のもと、昔からのことを今一度掘り下げて、伝えていくべきこと、残していくことを新しい見せ方や伝え方をして、自分たちも学び直しながら、それらを共有する機会をと思い、はじめました。

「落雁」という和菓子のなかでもあまり実態をよく知られておらず、ただ甘い砂糖の塊…と感じられているお干菓子も、実は紐解けば奥深く、まだまだ美味しく美しい可能性ある和菓子。
なんでもポチっと手に入れることが出来る世の中になり、その場でしか味わえない、体感することができないことも本当に少なくなりました。

「落雁と季節の会」のワークショップは、基本は〈作る・包む・味わう〉の少し長い3時間になります。
自分で手を動かして作り、その場で味わうことは、記憶にとても残ります。
食べることは、生きることでもあります。

そんな想いで、細く長く、季節に応じた事柄を共に共有し、次へ繋げていってもらいたい、と思っています。

今年の最初の開催もすぐそこ。
4/9(土)・10(日)14:00〜17:00
西荻窪 古民家 一欅庵(いっきょあん)1F 和室

3/26(土)11:11〜 受付開始

a0254466_23003506.jpg


初めてワークショップで作ったのは、桜でした。
今回も桜の貝を作ります!
[PR]
by love-rakugan | 2016-03-11 22:57 | Comments(0)
a0254466_23123693.jpg


今年「落雁と季節の会」ではもう一つワークショップを開催します!

庭に面した気持ちいい茶室を生かして、もっとお抹茶を味わうこと、点てる楽しみもお伝えしたいと思っています。

落雁ワークショップの最後の一時間でも、茶室でのお点前でいざという時に困らない簡単な基本的お作法をお伝えしていますが、そこだけ参加したい!というお声もあって、今年は午前中に開催です。
もっと気楽に、基本の???からお答えしつつ、抹茶の魅力とお菓子との関係、そして、自分で美味しく点てることを楽しんで頂くワークショップです。
気軽な会ですので、どうぞお気楽な格好でご参加ください。
洋服で大丈夫、お着物を着る機会としても大歓迎です!
畳の茶室になりますが、正座ではなくもちろん足を崩して頂けます。
痺れない正座のコツもお伝えしますがっ。
また、床座りが難しい方には座椅子に腰掛けて頂くことも出来ますので、お申し込みの際にお書き添え下さい。


a0254466_19172234.jpg


「お抹茶を味わう基本作法と、点てる楽しみ」ワークショップ
・日時:4/9(土)・10(日)11:30〜12:30
・定員:各日6名ずつ
・会費:2500円
・持物:なし

季節のお菓子と落雁と季節の会の新作落雁で、お抹茶を2服楽しんで頂きます。

3/26(土)11:11〜
下記アドレスへ必要事項をお書き添えの上、お申し込み下さい。(先着順になります)
件名「お抹茶ワークショップ」
1・ご希望日(4/9土 or 4/10日)
2・お名前(ふりがな)
3・ご住所
4・当日連絡がつく電話番号
5・連絡先アドレス
6・茶道経験、お抹茶を点てたことある?
loverakugan@gmail.com まで。

ご一緒に参加の方がいらっしゃる場合もまとめてお申込み出来ますが、必要事項は人数分明記の上、お願い致します。

[PR]
by love-rakugan | 2016-03-11 11:17 | 2016年 | Comments(0)

【一欅庵*和の暮らし展 ~御伽草子の玉手箱〜 瑠璃のかんざし ワークショップ】


ゆるゆると…ですが、2016年5年目を迎えます 落雁と季節の会、今年お初のワークショップもどうぞよろしくお願い致します。


a0254466_00583197.jpg
2016年の一欅庵(いっきょあん)でのテーマは、御伽草子の玉手箱。

地に伝わる美しい素敵な御伽草子をピックアップして、日本の細やかなことが詰まった玉手箱のように盛りだくさんお伝えしていきます。

春夏は、神奈川に伝わる不思議で可愛いらしいお話「瑠璃のかんざし」を。
お話は追々お伝えしていきますが、このお話に因んだカタチとお味、色の落雁を作り、和のお包みをして、茶室でお抹茶と共に味わって頂きます。


a0254466_01011116.jpg
青いプレーン、桜色の桜海老、白いソルト

3色3味の甘塩っぱい海のお味。
どうぞお楽しみに!
意外とお酒のツマミにも合う落雁になっております(*´pq`*)ムフッ


・日 :4/9(土)
10(日)残席2
・時間:14:00〜17:00(途中10分ほど休憩あり)
・場所:西荻窪 一欅庵(いっきょあん)
    東京都杉並区松庵2-8-22(JR西荻窪駅南口 徒歩8分)
・定員:各日12名ずつ
・会費:4300円(テキスト、型、材料、お包み、お茶代込)
・持物:お手拭き、筆記用具


会も5年目を迎え、楽しんで下さる方々が多岐に渡り増えて参りました。
とても嬉しく有難いことです。
和菓子は素手で作業、成型して頂くのが一番綺麗に出来上がりますが、より多くの方に気持ちよくご参加頂く為に、今回より一部使い捨て手袋を使用致します。
また、その他諸々を見直し、会費を少し上げさせて頂きますこと、ご了承下さいませ。
作る、包む、味わう3時間の中で、より多くのことを感じ、楽しみ、持ち帰って頂き、より沢山の方に伝え、分かち合うことが出来ますように、努めて参ります。


会場は畳の和室ですが、床座りが出来ない方の為に、座椅子の用意も少しございます。
茶室でも足を崩して頂けますので、どうぞお気軽にご参加下さいませ。


4月の落雁ワークショップは、3/26(土)11:11〜 より受付開始致します。
先着順にて受付致します。

下記必要事項を明記の上、

loverakugan@gmail.com までお申し込み下さいませ。

件名「落雁ワークショップ」

1・参加希望日(4/9土 or 4/10日)
2・お名前(ふりがな)
3・ご住所
4・当日連絡可能なお電話番号
5・連絡先メールアドレス
6・年齢


申し訳ありませんが、男性の方は女性の方とご一緒にご参加下さいませ。


ご一緒に参加の方がいらっしゃる場合もまとめてお申込み出来ますが、必要事項は人数分明記の上、お願い致します。

また、DMご希望の方は、
お名前、ご住所を明記の上、loverakugan@gmail.com
までご連絡くださいませ。


a0254466_01010318.jpg

[PR]
by love-rakugan | 2016-03-08 11:11 | 2016年 | Comments(0)