落雁と季節の会 sukiraku.exblog.jp

落雁作りから広がる、日本の四季や行事、色、味、もてなしをマニアックに伝える 作り・包み・味わう会


by ぺたこ&鳴海彩詠
プロフィールを見る

<   2016年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

a0254466_20490781.jpg


「深川リズム〜手のリズムからうまれる和の暮らしモノ〜」vol.1

とき:2016年7月7日(木)七夕の一日
ところ:深川SALON
(東京都江東区森下2-19-8 亀吉ビル4F)
都営新宿線・大江戸線 森下駅 徒歩2分

私たちを 飾るモノ、磨き引きたてるモノ、美味しいモノ などを、自分の手からうまれる楽しさもご一緒に。

「和の暮らし展」のワークショップ仲間と共に、手仕事をご自分の手でも楽しんで頂くワークショップの一日を開催します。
先ずは、芸事の上達を願う七夕「乞巧奠 きっこうでん」の日から始まります!

* うずまき堂/和の石けん、美のモノ
* 組紐 こうのゆみ/結ぶモノ
* 富士商会/レジンの帯留、飾るモノ
* 落雁と季節の会/落雁とお抹茶、美味しいモノ

詳細はこれからですが、2時間単位でワークショップが入れ替わる一日。
もちろん夏から秋冬に向けてのお支度にぴったりの新作やオーダー会も。
平日ですが、会社帰りにも寄って頂けるタイムスケジュール。
会場は下町の美味しいお店が集まる森下駅(都営新宿線、大江戸線)から徒歩2分の深川SALON。
深川は富岡八幡宮の門前、松尾芭蕉や曲亭馬琴、平賀源内、伊能忠敬などの文人なども住んだ深川のsalonにて開催です。
夜にはきっと宴会もありますよ^^

今年の七夕は、日々の暮らしに取り入れられる和の手仕事のスキルアップを楽しんでみませんか?

7/7 先ずは覚えておいて下さいね。
詳細が決まりましたら、またお知らせします!

a0254466_20490744.jpg



[PR]
by love-rakugan | 2016-04-25 11:11 | お知らせ | Comments(0)
a0254466_20060330.jpg


2016年春夏の 一欅庵*和の暮らし展&ワークショップ、ありがとうございました!

a0254466_20060487.jpg


おかげさまで気持ち良く晴れた二日間。
青々としてきた大きな欅の木の元、色々なカタチの御伽草子の世界、「瑠璃のかんざし」という可愛らしいお話も知って頂くことが出来ました。

芳名ノートに、
➖「瑠璃のかんざし」のお話、とてもすてきでした。
いつか覚えて語りたいです。➖

とご感想を入れて下さる方もいらっしゃり、このイベントが、人と人と、人とモノ、だけではなく、私たちがやりたい、人と暮らし、人と文化という目に見えない部分、地に根付いた部分もちゃんと受け取って下さっていることを感じて嬉しくなりました。

毎回展示の方法など思考錯誤ですが、一欅庵(いっきょあん)という建物が全てを語ってくれる場所で皆様にお会い出来ること、有り難い限りです。

a0254466_20182573.jpg


「瑠璃のかんざし」に因んだ今回の落雁。

a0254466_20182552.jpg


二日間、皆様に楽しんでいただきました。

a0254466_20182528.jpg


落雁作りはとても単純なのですが、ちょっとしたコツや時間との戦い(笑)
無心に黙々と、時には笑いも溢れ、楽しんで頂けたようでよかったです。

a0254466_20182646.jpg


お包みをした後は、茶室にて一服を。

a0254466_20182602.jpg


ゆっくりと、落雁と雲平の二種で喧騒からちょっと離れて過ごして頂きました。

a0254466_20060440.jpg


ワークショップの後に、日が傾いていく茶室でお庭を見て頂いたり。
ココでしかできないこと、ココでしか見ることが出来ない景色、大切にしてお伝えしていきたいと思います。

a0254466_20182681.jpg


今回「落雁と季節の会」では彩詠担当で午前中にこのお茶席を活かして、お抹茶のワークショップも開催しました。

a0254466_20182605.jpg


茶席の基本、お抹茶の基本を知って頂く為に、落雁とこの日の為に西荻窪の老舗菓子店で作って頂いた上生菓子の二種で、味わう基本と点てる基本を。

a0254466_20182656.jpg


午後からの落雁ワークショップにもご参加下さる方もいらしたので、午前中は「名残りの桜」がテーマ。
季節とテーマに合わせて、非日常の楽しさも味わって頂きました。

a0254466_20182733.jpg


一欅庵での次回の開催は、秋冬。
少し空きますが、11/19(土)・20(日)にまたココで再開出来ますこと、楽しみにしております!
次はどんな御伽草子をお伝え出来るか、どうぞお楽しみに。
皆々様、ありがとうございました^^

今年は5年目の「落雁と季節の会」
秋の一欅庵の前に、都内の何処かでまた違ったスタイルで開催出来たらいいな、と企み中。
どうぞお楽しみに☆


[PR]
by love-rakugan | 2016-04-12 19:56 | ご報告 | Comments(0)

お包み二種

a0254466_21554790.jpg


落雁ワークショップでは、

・オリジナル落雁を「作る」一時間
・直ぐにプレゼント出来る日本の「お包み」をする一時間
・茶室で「味わう」一時間

の構成で開催しています。

-*-

今回 4/9・10 「瑠璃かんざし」のお包みは、二種。

お話にちなんで、海の中を覗き込むようにうっすらと透ける和紙を使います。
この和紙も昔から日常的に使われているものですが、今はあまり知られなくなったように思う和紙です。
紙好きな私たち。
紙のことにもこだわってお伝えします!

紙の折り方、紐の結び方のちょっとしたコツの差で、「包むこと」の仕上がりが違ってきます。
また、日本のお包みには「吉凶」「ハレとケ」を重んじます。
知っておくと恥ずかしくない「包む」ことを分かりやすくお伝えし、直ぐにプレゼントしたくなるお包みをして頂きます。

オリジナルの「瑠璃の珠」付きです!



春は桜を追い掛けて、予定が定まらないもの。
キャンセルなどでお席の残りも変動しておりますが、両日ともまだご参加頂けます。

関東の桜はそろそろ終わりになってしまいますが、次の季節へ向けての美味しいワークショップ、ご予定が空きましたら、ぜひご参加下さいませ。

a0254466_21562253.jpg



青いプレーン
桜色の桜海老
白いソルト

3色3味の甘塩っぱい海のお味。
どうぞお楽しみに!
意外とお酒のツマミにも合う落雁になっております(*´pq`*)ムフッ

日 :4/9(土)・10(日)
時間:14:00〜17:00(13:45 受付開始、途中10分ほど休憩あり)
場所:西荻窪 一欅庵(いっきょあん)
東京都杉並区松庵2-8-22(JR西荻窪駅南口 徒歩8分)
定員:各日12名ずつ
会費:4300円(テキスト、型、材料、お包み、お茶代込)
持物:お手拭き、筆記用具

下記必要事項を明記の上、
loverakugan@gmail.com
までお申し込み下さいませ。(先着順になります)

件名「落雁ワークショップ」
1・参加希望日(4/9土 or 4/10日)
2・お名前(ふりがな)
3・ご住所
4・当日連絡可能なお電話番号
5・連絡先メールアドレス
6・年齢


[PR]
by love-rakugan | 2016-04-05 21:47 | Comments(0)