落雁と季節の会 sukiraku.exblog.jp

落雁作りから広がる、日本の四季や行事、色、味、もてなしをマニアックに伝える 作り・包み・味わう会


by ぺたこ&鳴海彩詠
プロフィールを見る
a0254466_10322753.jpg


3/17・18 「ラクガン コトホグ サクラサク」のお包みは、この二種でお包みしてお持ち帰り頂きます。

毎回 『落雁と季節の会』では、お作り頂いた落雁を直ぐにプレゼント出来るカタチでお持ち帰り頂いています。
今年6年目を迎える会ですが、毎回念頭に置いていることは「その先にあるモノ・ヒト・コト」

落雁という昔からある和菓子を作るコトを通して、昔からのカタチのコトを知り、誰かを想い浮かべ包み、自分も味わい知る。

今回は、和紙を使って折るお包みと、ちょっとした仕掛けがある軽やかな包み。
どんな仕掛けがあるかは、ぜひ当日キャーっとなって下さい^^

a0254466_10322742.jpg


【落雁と季節の会】with まめ咲
「ラクガン コトホグ サクラサク」落雁ワークショップ

日時:2017年
3/17(金)①13:30~15:30 ②16:30~18:30
3/18(土)①13:30~15:30 
上記の3回は、当日参加可能です。
開始15分前までに、会場(まめ咲)にてお問い合わせください。
②16:30~18:30(満席になりました)

場所:まめ咲(東京都北区田端4-3-3 MARUIKE HOUSE 205)JR駒込駅 東口 徒歩5分
定員:各回6名様(要予約)
参加費:¥3500(材料、お包み、テキスト、お茶代 含む)

・・・

必要事項を明記の上、下記アドレスへお申し込みください。
loverakugan@gmail.com(先着順)

件名「サクラサク 落雁ワークショップ」
本文
1・参加希望日時
3/17(金)・18(土)
①13:30~15:30 ②16:30~18:30
内容はどの回も一緒です。
必ず希望の日にちと時間を明記してください。

2・お名前
お知り合いとまとめてお申し込み頂けます。
その際には、全員分のお名前と合計人数を明記ください。

3・メールアドレス
4・当日連絡可能な電話番号
5・ご住所(DMご希望の方)

[PR]
# by love-rakugan | 2017-02-28 11:11
a0254466_22121549.jpg


梅は咲いたかぁ〜 桜はまだかぁ〜
2月から3月はそんな気分ですね。

そんな梅も桜も満喫し、おめでたいカタチと戯れるワークショップを開催します!

a0254466_22121691.jpg


【落雁と季節の会】with まめ咲
「ラクガン コトホグ サクラサク」落雁ワークショップ

日時:2017年
3/17(金)①13:30~15:30 ②16:30~18:30
3/18(土)①13:30~15:30 
上記の3回は、当日参加可能です。
開始15分前までに、会場(まめ咲)にてお問い合わせください。
②16:30~18:30(満席になりました)

場所:まめ咲(東京都北区田端4-3-3 MARUIKE HOUSE 205)JR駒込駅 東口 徒歩5分
定員:各回6名様(要予約)
参加費:¥3500(材料、お包み、テキスト、お茶代 含む)

おめでたい「サクラサク」が伝わるこの季節。
駒込の隠れ家きものshop「まめ咲」で開催の「サクラサク・フェアー」に合わせて、「寿ぎ」のカタチ12種を取りそろえた限定ワークショップを開催します。
型は、お好きなもの使いたい放題。
小さく可愛いおもたせにぴったりな出来たて落雁をたくさん作ってくださいませ。

基本のプレーンの味に加え、今回は同じ建物内で会場として使わせて頂く「コーヒー口羽」の美味しいコーヒーに合わせて、優しいミルク味。
また、シナモンのトッピングをご用意しています。
今回は、「コーヒー口羽」のこの日の為にご用意して頂くコーヒーやソフトドリンクに合わせて、落雁を味わって頂きます。
和菓子の落雁ですが、日本茶、抹茶以外とのペアリングについてもお話しします。

すぐにプレゼント出来るようにお包みして頂くスタイルも、今回限定のちょっとした仕掛け有りのもの。
どうぞお楽しみ^^

・・・

必要事項を明記の上、下記アドレスへお申し込みください。
loverakugan@gmail.com(2/25 11:11~受付開始、先着順)

件名「サクラサク 落雁ワークショップ」
本文
1・参加希望日時
3/17(金)・18(土)
①13:30~15:30 ②16:30~18:30
内容はどの回も一緒です。
必ず希望の日にちと時間を明記してください。

2・お名前
お知り合いとまとめてお申し込み頂けます。
その際には、全員分のお名前と人数を明記ください。

3・メールアドレス
4・当日連絡可能な電話番号
5・ご住所(DMご希望の方)

a0254466_22121780.jpg

a0254466_22121744.jpg


今回は同時開催で、ペタコの富士商会の半衿オーダー会も開催中。
落雁ワークショップは、彩詠が行います。
少人数でゆっくりまったりと、コトホギのカタチのことなどお話ししながら、紅白の寿落雁を作ります。

お申し込み、お待ちしております!
DM希望の方は、下記アドレスに(ご住所、お名前)を明記の上、お送りください。
loverakugan@gmail.com

Facebookイベントページもありますので、こちらも合わせてご覧くださいませ。
https://www.facebook.com/events/587791361430858/

3/18の夜には、近くの六義園枝垂桜ツアーと懇親会も予定されています!
気になる方は、お問い合わせくださいね。

皆さまのご参加をお待ちしてます^^


[PR]
# by love-rakugan | 2017-02-16 11:11
a0254466_13202957.jpg


立春大吉、おめでとうございます!
いよいよ本格的に2017年 丁酉の年が始まりました。
6年目の「落雁と季節の会」もどうぞよろしくお願い致します。

昨年末から 伊勢丹新宿店 で展示をさせて頂いたりしましたが、今年のワークショップ予定も決まって参りました。
どうぞ先ずはお日にちをチェックして頂けたらと思います。

a0254466_13203000.jpg


【落雁と季節の会】with まめ咲
「ラクガン コトホグ サクラサク」

日にち:2017年3月17日(金)18日(土)
時間:①13:30~15:30 ②16:30~18:30
定員:各回6名様(要予約)
場所:きものセレクトショップ まめ咲
(東京都北区田端4丁目3−3)JR駒込駅東口 徒歩5分
参加費:¥3500(材料、お包み、テキスト、お茶代 含む)
申込:loverakugan@gmail.com
(2/25~受付開始)
詳細は、近日公開致します。

a0254466_13203139.jpg


【一欅庵 和の暮らし展】
4年目を迎えるこちらの展も、少しずつ進化して参ります!
今年は原点に戻り、今少し少人数でゆったり濃密なお時間を楽しんで頂けますように努めます。
去年とは色々変わる予定でいますので、ご期待下さいませ。
お日にちも増えてます^^

春夏の会
2017年5月26日(金)27日(土)28日(日)

秋冬の会
2017年11月23日(木祝)24日(金)25日(土)

会場:西荻窪 有形文化財古民家 一欅庵(いっきょあん)
   東京都杉並区松庵2-8-22(JR西荻窪駅南口 徒歩8分)



DMをご希望の方は下記アドレスまで 、
件名を「DM希望」とし、(お名前、ご住所)をご連絡ください。
DMが出来次第、送付させて頂きます。
loverakugan@gmail.com


[PR]
# by love-rakugan | 2017-02-04 11:11
a0254466_02271210.jpg


12/26〜1/10 年をまたいで開催される〜寿ぎ〜のイベントに参加させて頂きます!

寿ぎ~祝いのカタチ・ニッポンの縁起物~
伊勢丹新宿店 
本館2階=センターパーク/TOKYO解放区
会期:12/26(月)~1/10(火)
※1/1(日・祝)・1/2(月・休)は店休日

『寿ぎ(ことほぎ)』と呼ばれる日本古来からある価値観・たしなみ。ギフトコンシェルジュ真野知子氏によるセレクトを中心にラッキーアイテムとしての日本の縁起物をご紹介します。
日本の祝いの文化を年末年始を通じて、楽しみながら再発見していただける企画をご提案いたします。

a0254466_02271356.jpg


・ワークショップ・
お好きな桐箱入りの縁起物の宝物(アクセサリー)を選んで頂き、清浄な白の和紙で包み、昔ながらの麻の紐だけで結び仕上げるお包みを致します。

a0254466_02271390.jpg


また、オリジナルの福包みも折り、お好みの表情で赤を添えて仕上げて頂きます。

a0254466_02271421.jpg


桐箱にはペタコが赤で絵付けした吉祥模様。
白の和紙の向こうにうっすらと見えます。
オリジナルのぽち袋 「福包み・かさ なり」も折って頂きます。

a0254466_02271542.jpg


内包みにも赤を添えるので、開けた時の楽しさ、おめでたさ、嬉しさも添えています。

日|12/27(火)・29 (木)
(1月のワークショップ予定はありません。)
時|14:00〜15:00、16:00〜17:00
参加費|¥5940(税込)(桐箱入りアクセサリーとぽち袋のお持ち帰り)
定員|各回5名

▼ 予約・詳細問い合わせ
本館2階=センターパーク/TOKYO解放区(03-3352-1111大代表)までお問い合わせくださいませ。

a0254466_02271534.jpg


桐箱入りの落雁の型から生まれたアクセサリーは、帯留やブローチなど。
ぜひお気に入りを見つけて、誰かの為に、自分の為に、丁寧に日本のお包みをしてみませんか?
縁起物のモチーフの意味や和紙のこと、包むことの作法などもお伝えしますので、モノだけではなく、込められた想いなども一緒にお持ち帰り下さい。

新年にむけて、また、日常にも使える「包む」こと、ぽち袋を「折る」ことをぜひ今年中に体感して下さいませ。
[PR]
# by love-rakugan | 2016-12-21 11:11 | 2016年
今年で5年目を迎えました「落雁と季節の会」
2016年の締めくくり、そして、2017年の始まりに続くイベントに参加します。

a0254466_02065329.jpg


『寿ぎ~祝いのカタチ・ニッポンの縁起物~』
会期:12/26(月)~1/10(火)
※1/1・(日・祝)1/2(月・休)は店休日
会場:伊勢丹新宿店 本館2階=センターパーク/TOKYO解放区

『寿ぎ(ことほぎ)』と呼ばれる日本古来からある価値観・たしなみ。
ギフトコンシェルジュ真野知子氏によるセレクトを中心にラッキーアイテムとしての日本の縁起物をご紹介します。
日本の祝いの文化を年末年始を通じて、楽しみながら再発見していただける企画をご提案いたします。

a0254466_02065482.jpg


この中で、縁起物のモチーフの落雁のカタチから生まれたペタコの身につけて頂ける 小さな和の宝物(帯留、ブローチ)と、彩詠の福包み(ポチ袋)を並べてさせて頂きます!

原形となっている落雁も合わせて展示。
縁起物のモチーフの意味などを分かりやすく見て頂けるようにお支度しています。

合わせて、お包みのワークショップも開催します。

【落雁と季節の会 ワークショップ】
「小さな和の宝物と福包み」

a0254466_02065522.jpg


お好みの宝物(落雁の型から生まれたアクセサリー小物)を選んで、白い和紙で丁寧に日本のお包みをし、紐を掛けるワークショップです。
宝箱は、ペタコによる絵付けが施された桐箱に入っています。
宝物も桐箱も全て一点物。
清浄な和紙で、糊やテープなどの接着剤を使わずに、昔ながらの紐だけで丁寧に包むコツをお伝えします。
合わせて、年末年始に重宝する福包む(ポチ袋)を作ります。

12/27(火)14:00~15:00、16:00~17:00
12/29(木)14:00~15:00、16:00~17:00
<1月の開催は、現在調整中です>
定員:各5名ずつ
参加費:5500円+税

※ 予約・詳細につきましては、本館2階=センターパーク/TOKYO解放区(03-3352-1111大代表)までお問い合わせくださいませ。
(12/17・土 12:00〜受付、お問い合わせ 開始 です)


[PR]
# by love-rakugan | 2016-12-12 11:11 | お知らせ
a0254466_16322551.jpg


並ぶお地蔵さん。
今年の一欅庵での秋冬のワークショップも無事にお開きとなりました。
今回のテーマは、御伽草子「団子浄土」

a0254466_16322668.jpg


お地蔵さんの他に、鬼やら、ニワトリやら。
基本のプレーンをベースに、あんこ、蜜柑のお味を作って頂きました。

a0254466_16322739.jpg


ワイワイガヤガヤ…が、

a0254466_16322778.jpg


だんだん皆さん無口に真剣無心に。

a0254466_16322890.jpg


小さい女の子も頑張りました!

a0254466_16322989.jpg


彼女は、なんと最後のお茶席ではキチッと正座して、じーっと真剣!
落雁はもとより、お抹茶も大好きな幼稚園児。
将来有望な大和撫子です。
小さいうちから、こういう体験が出来るかどうかで、その後の興味の度合いも変わるなぁと。
なかなか小さいお子さん向けのワークショップは出来ませんが、機会がありましたらお声掛け下さい。
飛び入りでご参加頂けるかもしれません。

a0254466_16322956.jpg


今回は、竹皮を基本にして、同じ包み方からアレンジをきかせた三種のお包みを。
これからのプレゼントやお年玉の季節、もちろん日常に使って頂けるものです。

a0254466_16323089.jpg


会場の和室の床の間は、シンプルに。

a0254466_16323101.jpg


ゆるゆると佳い空気が流れた二日間。

a0254466_16323161.jpg


湯気もご馳走、ということを感じて頂いたり、

a0254466_16394096.jpg


光と影の美しさも。

a0254466_16394132.jpg


また来年、季節が変わったら、この大きな木の元でお会いしましょう。
来年は「落雁と季節の会」も6年目に。
また少し違ったカタチで楽しんで頂けるようにと考えています。
とうぞ、お楽しみに。

そして、年末年始に嬉しい企画を届け出来るかと思います。
こちらもどうぞご期待下さいませ!

2016年の一欅庵、ありがとうございました。

【落雁と季節の会】ペタコ&彩詠



[PR]
# by love-rakugan | 2016-12-03 11:11
a0254466_19080997.jpg


おばあさんが作ったお団子を、
谷を挟んで向こう山のおじいさんへ、ホイッ!

「落雁と季節の会」のワークショップは、単なるお菓子教室ではなく、落雁を媒体として日本の文化を次へ繋げることを一番大切にしています。
5年目の今年、また新しい方々へも沢山お伝え出来ますように☆

「落雁」という昔からの和菓子のこと、
季節や行事のカタチ、味のこと、
誰かにプレゼントをするときの包みに日本ならではの込められた想い、
和室でゆっくりと釜の音を聞きながらお抹茶と共に味わうこと

伝えたいことは、沢山あります。
受け取って頂けたら、嬉しいです。

a0254466_19080932.jpg


竹皮に包むこと

a0254466_19081099.jpg


同じ包み方でも和紙になると表情も変わります。
お正月にも使えるような包み方の応用も。

a0254466_19081111.jpg


おばあさんからおじいさんへ伝える オリジナルメッセージカード付きです。

キャンセルなどがあり、両日ともお席に空きがえります。

下記必要事項を明記の上、
loverakugan@gmail.com までお申し込み下さいませ。

件名「落雁ワークショップ」
↑今回は、他のワークショップの受付も同じアドレスでありますので、必ず件名に「落雁」と明記下さいますようお願い致します。
1・参加希望日(11/19土 or 11/20日)
2・お名前(ふりがな)
3・ご住所
4・当日連絡可能なお電話番号
5・連絡先メールアドレス
6・年齢

申し訳ありませんが、男性の方は女性の方とご一緒にご参加下さいませ。

ご一緒に参加の方がいらっしゃる場合もまとめてお申込み出来ますが、必要事項は人数分明記の上、お願い致します。

申し込みメールが届きましたら、確認メールをお送り致します。
当日の進行をスムーズにする為、参加費をそのメールに記載されております振込先にお願い致しております。
振込完了メールをもって、正式なお申し込みとさせて頂いております。

[PR]
# by love-rakugan | 2016-11-15 11:11 | 2016年
a0254466_08305982.jpg


本日11/9より、ワークショップの受付が始まりました!
お申込み状況は緩やかですので、まだまだご参加頂けます。

今回のお包みのベースは、竹皮を使います。
お話「団子浄土」の中で、おばあさんは山へ出掛けているおじいさんの元へお昼ご飯としてお団子を届けるんですね。
その時、きっと包んでいたのは竹皮じゃなかったかなぁと。
昔から「包み」として使われていた「竹皮」を今一度見直して、何故使われ続けているのか、どうやって使うのか、などをお話しながら使って頂きます。
そして、包み方からの応用編も。

作って頂いた落雁は、すぐに誰かにお福分け出来るようにしてお持ち帰り頂いています。
作ったこと、知ったことなどもお話ししながら、ぜひ、誰かに伝えてください。
それが「一番大切」だと思っています。
ご参加、お待ちしております!

下記必要事項を明記の上、
loverakugan@gmail.com までお申し込み下さいませ。

件名「落雁ワークショップ」
↑今回は、他のワークショップの受付も同じアドレスでありますので、必ず件名に「落雁」と明記下さいますようお願い致します。

1・参加希望日(11/19土 or 11/20日)
2・お名前(ふりがな)
3・ご住所
4・当日連絡可能なお電話番号
5・連絡先メールアドレス
6・年齢

申し訳ありませんが、男性の方は女性の方とご一緒にご参加下さいませ。

ご一緒に参加の方がいらっしゃる場合もまとめてお申込み出来ますが、必要事項は人数分明記の上、お願い致します。

申し込みメールが届きましたら、確認メールをお送り致します。
当日の進行をスムーズにする為、参加費をそのメールに記載されております振込先にお願い致しております。
振込完了メールをもって、正式なお申し込みとさせて頂いております。
[PR]
# by love-rakugan | 2016-11-09 11:11 | 2016年
うずまき堂 & 落雁と季節の会
『御伽草子と美味しい秋から冬への和の暮らし』

日時 : 11/19(土)11:30〜12:30 残3
11/20(日)11:30〜12:30
場所 : 一欅庵 茶室
定員 : 各日 10名様(要予約、空きがあれば当日参加ok)
会費 : 2000円(お土産付き)

11/9 11:11〜 下記アドレスに必要事項を明記の上、お申し込み下さい。
loverakugan@gmail.com
件名「秋から冬への和の暮らしワークショップ」
(同じアドレスで他のワークショップの申し込みも受付ますので、必ず件名に明記をお願いします)
1・希望日:11/19 or 11/20
2・お名前(ふりがな)
3・連絡先アドレス
4・当日連絡可能な電話番号

○ △ □

今回の御伽草子は、新潟に伝わるお話「団子浄土」
どんなお話だと想像するでしょうか?
お話の詳しい中身は追い追いご紹介していきますが、このお話にはたくさんのキーワードが出てきます。

団子、浄土、お地蔵さま、鬼、おじいさん、おばあさん、ニワトリ、杵、臼、黄金…

地に伝わるお話には、色々な昔からの生活のことが盛り込まれています。
そして、その紡がれるお話の言葉の優しく、美しく、心地よいこと。
自分で読んでももちろん理解は出来ますし、想像も出来ます。
でも、朗読を聞くと、自分で読んだ時よりも深くその世界に入っていけるような気がします。
この晩秋、美しい昔のお話を聞き、暫しその世界に浸ってみませんか?

美しい言葉、情景浮かぶ朗読は、声のプロであり、美しい和を作り出す 『うずまき堂』 鈴木万由香。
「和の暮らし展」では香りよく、肌に心地よい石けんやスキンケアを紹介してくれますが、元々のお仕事は、ラジオなどのDJやCMなどのナレーションなど、耳からの情報を伝えるプロなのです。

今年「御伽草子の玉手箱」として、メジャーではなく、まだ知られていない土地に伝わる御伽草子を掘り起こして、そこから「和の暮らし」を伝えることに挑戦してきました。
なかなか手にとって読んでもらう、展示で知ってもらうことは限られてきますので、キチンとお話を聞き、そこから読み取れる昔からの和の暮らしの一端を深めてお伝えしたいと、春以降考えてきました。
今回、お話と時期がとてもうまく重なり、声のプロの朗読と、そこから読み取れる日本の暮らし、繋げていきたいことを交えて、『うずまき堂』万由香 &『落雁と季節の会』彩詠 がお伝えしたいと思っています。

a0254466_22283938.jpg


今回は、お団子がキーワードになっています。
お団子は、うるち米やもち米から作るもの。
新米の収穫も最盛期を迎え、新嘗祭をすぐに控えた和の暮らし展の二日間。
少し早いですが、新米のおむすびを振る舞います。

おむすび のカタチは、どんなカタチでしょうか?
○ △ □ ?

何かを表現する時に、○ △ □ はシンプルな基本のカタチとして存在しています。
実はこの ○ △ □ には昔からとても大きな意味も含まれています。
そんなことを紐解きながら、秋から冬の和の暮らし事
・日々の暮らしの基本であるお米のこと
・おむすび と おにぎり のこと
・美味しく食べるお供と技
などをご一緒に楽しみたいと思います。

a0254466_22284053.jpg


美味しいご飯には、美味しいお茶も。
11月はお茶の世界でも大切な月。
茶室の中では炉が開き、赤々とした炭の景色も味わえます。
炉で茶を炒り、お湯を沸かし、茶を淹れる。
そんないつもの日常からはちょっと離れた 和の暮らし ならではのひと時も楽しんで頂けたらと思います。

「和の暮らし展」では、五感で感じる 和の暮らし を大切にしています。
うわべ だけではなく、昔からの基本を今一度知り、体感してお持ち帰り頂きたいと思っています。

a0254466_22284161.jpg


茶室から眺める一欅庵のお庭も 春とはまた違った風景のはず。
ゆっくりとどっぷりと一時間、日本の音と香り、味などに浸って下さい。
お待ちしております。

[PR]
# by love-rakugan | 2016-10-28 11:11 | お知らせ
a0254466_23562641.jpg


春夏に引き続き、秋冬の「一欅庵 和の暮らし展」がいよいよ来月に迫って参りました!
DMもそろそろ出来上がり、ワークショップのお知らせです。

a0254466_23562717.jpg


秋冬の御伽草子は、新潟に眠るお話。
「団子浄土」というお地蔵さんや小鬼、来年の干支でもあるニワトリなどが出てくる、ほんわかとして日本語が美しくお目出度いお話。
今回はそんなお話に因んだカタチと味をお楽しみ頂きます!

a0254466_00190312.jpg


薄い赤色の基本の プレーン(もち米)
ほぼ白に近い ほんのりオレンジ色の 蜜柑
小豆好きにはたまらない 餡子

今回も秋から冬に食べたくなる3種のお味を楽しんで頂きます。

オリジナルのカタチと味で落雁を作る一時間
テーマに合わせた和のお包みをする一時間
茶室でお抹茶と共に出来たてを味わう一時間

秋のひととき、和の暮らしに浸るワークショップ。
ご参加をお待ちしております!

【落雁と季節の会】
秋冬のワークショップ 〜団子浄土〜

・日 :11/19(土)
11/20(日)
キャンセルがありましたので、両日共まだご参加頂けます。
・時間:13:30〜16:30(途中10分ほど休憩あり)
前回より30分早く始まります!
・場所:西荻窪 一欅庵(いっきょあん)
    東京都杉並区松庵2-8-22(JR西荻窪駅南口 徒歩8分)
・定員:各日12名ずつ
・会費:4300円(テキスト、型、材料、お包み、お茶代込)
・持物:お手拭き、筆記用具

会も5年目を迎え、楽しんで下さる方々が多岐に渡り増えて参りました。
とても嬉しく有難いことです。
和菓子は素手で作業、成型して頂くのが一番綺麗に出来上がりますが、より多くの方に気持ちよくご参加頂く為に、今回より一部使い捨て手袋を使用致します。
また、その他諸々を見直し、会費を少し上げさせて頂きますこと、ご了承下さいませ。
作る、包む、味わう3時間の中で、より多くのことを感じ、楽しみ、持ち帰って頂き、より沢山の方に伝え、分かち合うことが出来ますように、努めて参ります。

会場は畳の和室ですが、床座りが出来ない方の為に、座椅子の用意も少しございます。
茶室でも足を崩して頂けますので、どうぞお気軽にご参加下さいませ。
また、堅苦しい会ではありませんので、お洋服のお楽な装いでいらしてください。
お着物を着られる方は、着る機会としてどうぞ思い思いのコーディネートでいらしてください。

11月の落雁ワークショップは、11/9(水)11:11〜 より受付開始致します。
先着順にて受付致します。
下記必要事項を明記の上、
loverakugan@gmail.com までお申し込み下さいませ。

件名「落雁ワークショップ」
↑今回は、他のワークショップの受付も同じアドレスでありますので、必ず件名に「落雁」と明記下さいますようお願い致します。
1・参加希望日(11/19土 or 11/20日)
2・お名前(ふりがな)
3・ご住所
4・当日連絡可能なお電話番号
5・連絡先メールアドレス
6・年齢

申し訳ありませんが、男性の方は女性の方とご一緒にご参加下さいませ。

ご一緒に参加の方がいらっしゃる場合もまとめてお申込み出来ますが、必要事項は人数分明記の上、お願い致します。

申し込みメールが届きましたら、確認メールをお送り致します。
当日の進行をスムーズにする為、参加費をそのメールに記載されております振込先にお願い致しております。
振込完了メールをもって、正式なお申し込みとさせて頂いております。

a0254466_00190428.jpg


また、DMご希望の方は、
お名前、ご住所を明記の上、loverakugan@gmail.com
までご連絡くださいませ。
DMが出来上がり次第、お送りさせて頂きます。



[PR]
# by love-rakugan | 2016-10-10 11:11