落雁と季節の会 sukiraku.exblog.jp

落雁作りから広がる、日本の四季や行事、色、味、もてなしをマニアックに伝える 作り・包み・味わう会


by ぺたこ&鳴海彩詠
プロフィールを見る

カテゴリ:2014年( 38 )

a0254466_21094976.jpg
少しずつ、清々しい秋の空気が深まってきています♪

一欅庵 和の暮らし展 では、季節先取り。
あと3ヶ月でやってくるクリスマスや新しい年の為のお誂えにちょうどいい時。
2014年の自分へのご褒美やお世話になった方へのご挨拶、
そして、2015年の新しい年のアイテム。
大切に包む贈り物、ぜひみつけにいらしてくださいね☆

日時:10/24(金)11:00~19:00
   10/25(土)11:00~18:00
場所:西荻窪 昭和の邸宅 一欅庵(いっきょあん)
   杉並区松庵2-8-22(JR西荻窪駅南口徒歩8分)


冬の参加作家は、こちら。

* 一條朋子(ガラス)
* 石川桐子(柄足袋・ステーショナリー)
* うずまき堂(和の石けん)
* 洒落水引(水引の帯留・髪飾り)
* 姫コ(つまみ細工)
* 野庵(着物と四季の和小物)
* 落雁と季節の会
* 和キッチュ(手刺繍半衿)

好評のワークショップも取り揃えております♪

* お風呂が楽しみになる 3種のバムボム作り(うずまき堂)
 シュワシュワと広がるハーブの恵みで心と身体を暖めよう。
 両日とも随時開催(予約優先)材料があれば、飛び込みで参加できます!
 参加費:4000円
 基本、要予約(10/12より「うずまき堂」にてご予約開始)
 申し込み&お問合せ:info@uzumaido.jp

* 野庵 着付けの会~帯結び(野庵)
 両日とも 11:30~13:00
 参加費:1500円
 要予約(「野庵」にて後日ご予約開始 yarn.event@gmail.com)
 冬は、袋帯の復習編。
 今一度、袋帯の二重太鼓を綺麗に美しく!
 あらたまったお席でも安心の着こなしと基本を身につけて、一年の総仕上げを。
 詳細とお申し込みは、こちら

* 落雁と季節の会「冬を楽しむ、冬を包む」
 両日とも 14:00~17:00
 参加費:4000円
 要予約(10/12 11:11より、blogコメント、mailにて受付開始)

a0254466_21095433.jpg
DMをご希望の方、今後の開催メールをご希望の方は、
コメント欄、または下記アドレスへ「ご住所、お名前、アドレス」をお伝えください。
コメントは「非公開」ですので、表示されることはありませんのでご安心ください。
loverakugan@gmail.com


[PR]
by love-rakugan | 2014-10-01 11:11 | 2014年
a0254466_13033270.jpg
梅雨が明けたばかりの7/25・26の両日、
西荻窪の昭和の有形文化財の邸宅 一欅庵(いっきょあん)にて、
『一欅庵 和の暮らし展 ~秋を喜ぶ、秋を拾う~』が無事に開催されました。
とても暑い二日間。
お運びくださった皆様には、冷たいレモン水と水出し冷茶でお迎えさせて頂きました。
風が抜ける昔ながらの造りの家とはいえ、以前とは暑さの度合いも変わってきている今日。
それでも、皆様が新しい作品に目をキラキラさせて作家さんとお話したり、
「久しぶりに扇風機と庭から抜ける風が心地よい」とおっしゃって下さったり、
有り難い限りの二日間でした。

早々と、秋に向けての作家の新作が並びました!


a0254466_13202939.jpg
1階入って直ぐの洋間には、初登場の彫金作家 アトリエNOBUさん。
色々な着物イベントでも引っ張りたこの作家さんです。
繊細な細工から、ちょっとお茶目なものまで、ラインナップが幅広い!
a0254466_13192980.jpg
秋の味覚、秋刀魚に大根おろし、なんて楽しい根付や一欅庵のカエルもいました。
実演されていたので、その場で石を付けてもらったり、彫りをプラスしてもらったり、
自分だけのオリジナルに仕上げて下さる楽しいものでした。


a0254466_13201501.jpg
奥は、和キッチュ。
定番の手刺繍半衿にはじまり、
a0254466_13202333.jpg
落雁と同じ満月菊型の大きな帯飾りがあったり、ぺたこワールド今回も全開でした!

a0254466_13200092.jpg
2階に上がると、先ずはこちらも初登場のmeku 石川桐子さん。
全て手描きされている柄足袋やステーショナリー。
a0254466_13255149.jpg
今までにはない柄足袋に、皆さん釘付けでした!
ぽち袋や封筒類も色鮮やかに。
秋の夜長に手紙を書きたくなる、誰かに送りたくなる特別なものがありました。


a0254466_12582484.jpg
その右手も初登場の洒落水引さん。
伝統的な手法の水引を、装うカタチに仕立ててらっしゃいます。
今、着物を着る方の中で急速にファン拡大中の方。
a0254466_12565796.jpg
大振りでも軽くて帯に沿う帯留やコロンとしたピアスなどなど、人気でした!


a0254466_12594187.jpg
奥の床の間には、初回の「春」にも登場されていた 陶芸家 鈴木陽子さん。
今回は、夏から秋の食卓に活躍する白と銀彩のシリーズや、菊を描いた帯留など。
a0254466_12593734.jpg
茶道具もゆっくりと丁寧に増やされていってます。


a0254466_13133640.jpg
2階奥の間は、お馴染みの野庵&姫コさん。
姫コさんの「秋」は、稲穂の女神さま。
大作の新作はココでしか見られないとあって、
ファンの方々が駆けつけてゆっくりとお話しされてました。
a0254466_13193302.jpg
野庵の作家さんの新作バッグも皆の注目の的!
a0254466_13200801.jpg
状態の良いビンテージの着物や帯が揃うコーナーは、
今回も着物をこれから楽しむ方をはじめ、お気に入りを掘り掘りしてました!
a0254466_13002816.jpg
1階では、野庵 着付けの会「秋を結ぶ」を開催。
今回は秋に向けての「今一度、名古屋帯」レッスン。
お太鼓に出来上がるまでには色々なやり方があるので、
帯にあった方法やチョットしたコツ、
紐の使い方などを交えて少人数ならではの細やかなレッスンを。
次回「冬」は、二重太鼓で格上の装いです。


a0254466_13111124.jpg
今回は、ワークショップが増えて、
1階では うずまき堂さんの「美肌水とクリーム」を作ることも開催。
お時間を細やかに設定して下さったので、
ワークショップのハシゴをされる方もいらっしゃいました!
a0254466_12535185.jpg
もちろん今回も、美味しそうな石けんの数々!

洋間だけはクーラーがついているので、
皆さんこちらで一時クールダウンしてから、
再びお目当てへ行く…なんてスタイルでゆっくりと滞在して頂けました。
この展の特徴は、皆様の滞在時間が本当に長いこと。
嬉しい限りです。


a0254466_13342769.jpg
早々の「秋」ということですが、あまりにも暑くて気持ちがリンクできないですので、
こころばかり、あちらこちらに「菊」を飾りました。

a0254466_12540365.jpg
『落雁と季節の会』では、菊とお月様がテーマ。
そして、秋の味覚のキノコたち。
a0254466_13003411.jpg
いつも通り、最初に二人で説明とデモを。
a0254466_13032363.jpg
その後はもう、ひたすら詰めて詰めて作るだけ☆
a0254466_13032842.jpg
その後は、プレゼント用のお包みを半紙を折って作って頂きました。
a0254466_13394510.jpg
今回は、収穫の秋から次へ繋がる種やお米など「こぼるるもの」を包むカタチでお包み。
そして、まだ暑さが厳しい時。
花火にも菊にも見えるカードをペタコさんがデザイン。
夏から秋に使えるお包みでもお持ち帰り頂きました。
a0254466_13023582.jpg
そして最後はお茶室にて、お茶席の作法も合わせて体感して頂きながら、
一服召し上がって頂きました。
a0254466_12540815.jpg
今回は作る型が大きかったので、
皆さんから作り立てを一つずつ頂くとお持ち帰りが少なくなってしまうので、
あらかじめ作った落雁をご用意。
合わせて、食感の違う雲平を菊の葉と青銀杏で秋の野を描いてみました。
お持ち帰り頂いた大きな満月菊型は、
小さな丸い型で抜いてあげると小さな満月と三日月になります。
仲良く分けて食べて頂く一つの手法です。
a0254466_13034179.jpg
初めて食べる柔らかな食感の落雁に、楽しんで頂けたようです♪
a0254466_13033678.jpg
お手前は、場の涼やかさを優先して、この時期限定の夏のお手前を。
洗い茶巾と籠にガラスボウルを入れた水指を扇面蓋で。
お茶椀は、鈴木陽子さんの器を。

a0254466_13345548.jpg
暑いのもよい思い出。
そう言って下さるのがとても嬉しくありがたいです。
早々と、夏休みの宿題を済ませた感じの会でした(笑)

秋のこれから。
ココで見かけたあの作品が…と、蜃気楼のように立ち上りましたら、
ぜひ、作家へお問い合わせくださいませ。

* 一欅庵(会場)
* アトリエNOBU(彫金)
* meku 石川桐子(柄足袋とステーショナリー)
* うずまき堂(和の石けん)
* 鈴木陽子(陶芸)
* 洒落水引(水引)
* 姫コ(つまみ細工)
* 野庵(着物と帯結びのワークショップと四季の和小物)
* 和キッチュ(手刺繍半衿と和小物)
* 落雁と季節の会(落雁ワークショップ)

次回は、10/24(金)25(土)「冬を楽しむ、冬を包む」
早くもクリスマスや新年を楽しむ為のアイテムや、
ゆっくりと冬に染まる新作が並びます。

ワークショップなどの受付開始は、10/12(月・祝)11:11~を予定しております。
また、こちらでご案内させて頂きます。
メールにていち早く情報をお送りしておりますので、
案内メールをご希望の方は、
コメント欄に「案内希望の旨」と共に、(お名前、アドレス)をお知らせください。
次回よりお送り致します。
DMご希望の方は、合わせてご住所も。
承認制コメントですので、表示されることはありませんのでご安心ください。
また、下記アドレスまで。
loverakugan@gmail.com

では10月、麗しの秋を楽しみながら、冬のお支度の会でお会いしましょう!

(phot by. 毬詠・石川桐子・鈴木万由香・一欅庵・彩詠)
[PR]
by love-rakugan | 2014-08-13 11:11 | 2014年

● 野庵着付けの会 秋を結ぶ ●

うすものを着て雲のゆくたのしさよ (細見綾子)

打ち水の匂いが嬉しい近頃、
みなさまお元気でお過ごしでしょうか。

秋の帯結びの会を開催いたします。

a0254466_19024936.jpg
2014年のテーマは 『全方向大人可愛い、綺麗な帯まわり』

秋(と申しましても7月!)、実りの時季に備え
基本をおさらいし、こっそり復習する時期です ^^

わかりやすい説明で定評の着付け師 鳴海彩詠さんと
基本の名古屋帯のお太鼓結びを「今一度」行います。

前結びも含めて、お太鼓の形に出来上がる結び方はいろいろとあります。
帯に合わせて、自分の手に合わせていろいろな結び方を覚えておくと、
今まで結びにくかった帯も綺麗に楽に結べる道が開けますょ!

a0254466_19051659.jpg
■ 日時 (1回完結の会です。)
7月25日(金)または26日(土) いずれも AM11:30~13:00

■ 場所 一欅庵 (いっきょあん) 
東京都杉並区松庵2-2-22  JR西荻窪駅南口より徒歩8分
(登録有形文化財の広くてすてきな邸宅です。) 

■ 定員 8名

■ 会費 ¥1,500

■ 講師 鳴海彩詠 (プロフィールはこちら

◆ 持ち物
名古屋帯、帯板、帯揚、帯〆、仮紐に使う紐2本、帯枕、着物クリップ1つ

★ いま一度 おさらい 名古屋帯

仮紐と着物クリップの使い方、それぞれの帯や体にあった後ろ結び、

前結びでのお太鼓の結び方、事前にお太鼓の形を作って背負うだけの結び方、

ポイント柄の綺麗な位置と出し方、お太鼓の大きさとバランスなど、

全方向大人綺麗な帯まわりの作り方を個々の帯や体型に応じてレクチャーします。


a0254466_19100389.jpg

少人数なので細やかに帯結びの??にお答えし、

他の方の帯を知ることで自分の知識も増えるワークショップです。

お申し込みの際には、何を、どの結び方を知りたいか、

ぜひお書き添えください!

秋のコーデのポイントは、涼やかなこっくりコーデ。
着物の世界は季節先取りですので、

8月もお盆を過ぎたら秋の風をコーディネートにも入れましょう。

とはいってもまだまだ残暑が厳しいこの季節 sweat01
色と柄の使い方、衿の合わせ方、帯の位置とお太鼓の大きさ。
着ていて涼しく、見た目に少しずつ秋の気配のコーディネートのコツをお伝えします。


「着付の会」お申し込みは下記記載の上、コチラまで 
mailto yarn.event@gmail.com

1 お名前(ふりがな) 
2 希望日時
3 当日連絡可能なお電話番号
4 連絡先メールアドレス
5 会へのご希望等コメントを一言


--

西荻窪はディープでとても味わい深い町並みです。
着物や浴衣でいらしていただき、夏を結んだ着姿で
そのまま西荻散歩もオツです。

が、盛夏の頃、その場でお着替えいただいても◎

着姿の総合チェックも致します!



[PR]
by love-rakugan | 2014-07-22 19:16 | 2014年

西荻 散歩のススメ

a0254466_1831489.jpg


少し前、そう、
「一欅庵 和の暮らし展 〜秋を喜ぶ、秋を拾う〜」
のDMが出来上がった時、DMを配りながら、ゆっくりと西荻窪散歩を致しました♪

夏前の「西荻 チャサンポー」にも参加しているのですが、
イベントに参加していると、当然のことながら他の店舗を見ることが出来ないわけで…ヽ(´o`;

a0254466_1831661.jpg
この地図を持って、ようやく(笑)チャサンポーしました!
この地図、西荻窪を歩くにはとてもオススメです。
ダウンロードも出来ますので、お出掛けの際には、ぜひ、チェックしてみて下さいっ。

西荻チャサンポー地図 ダウンロード

散歩の始まりは、腹ごしらえからっ。
西荻窪駅南口を出て、アーケードを進むとピンクの象さんが上からぶら下がっています!

象さんを過ぎた右側にある中華料理 桂花飯店
ココ、なかなか美味いです♪

この日はここではなくて…
アーケードを抜けると、いつもいっぱいで振られているフレンチカレーSPOON(スプーン)があります。
いつか、入れるかなぁ。(予約は出来ないのです)
a0254466_1831620.jpg
この日のランチはこちら。
島根は石見銀山に母体をもつ いごごちの良い古民家のおもてなしレストラン&雑貨 Re:gendo(りげんどう)

a0254466_183423100.jpg
「野菜寿司膳」はお馴染みの野菜も味わったことがないような美味しさに。
a0254466_1834236.jpg
「欧風御膳(奥)」はハヤシライス!
「一汁一穀三菜膳(手前)」鶏の檸檬クリーム煮、だったかな。

丁寧に、素材の美味しさをキチンと味わえるご飯が頂けます。
開店と同時にお客様がドシドシと。
お席の予約がオススメです。
DMも毎回置かせて頂いてます♪
a0254466_18342457.jpg
Re:gendoの裏手にある、卵と乳製品を使わないお菓子屋さん khnam(カナム)さん。
安心して食べられる、滋味溢れる美味しさが広がる焼き菓子類が並んでいます。
3人ほど店内に入ると身動き出来ない、小さな美味しさが詰まったお店です。

その道筋の角には、オススメの和菓子屋さんがあります。
越後鶴屋さん。
朝9時から、売り切れ終了。
大福などのつきたての餅も美味ですが、餡が美味しい!
混じりっけない優しい美味しさです。
大体、イベントの2日目のお昼ご飯は、ここの大福です(笑)

そのまま五日市街道まで進む道は、通称乙女ロード。
アンティークのお店や、カフェなどが建ち並んでいます。
一欅庵までの道すがらには、よく立ち寄るオススメのお店がたくさんあります!

ポチコロベーグル(ベーグル、焼き菓子)
 ベーグルにその場でクリームチーズと季節のジャムをサンドしてもらうのがお勧め。
カフェ オーケストラ(チャイとスパイスカリー)
 イベント1日目の帰りによく行きます♪カレーで次の日も元気!
甘いっ子(甘味、かき氷)
 夏はいつも行列ですので、開店と同時がオススメです。
N.harvest(オーガニックスパイス)
 フェアトレードのオーガニックスパイスが少量からお手頃価格で。
雑貨食堂六貨(台所用品)
 お店の中、全部欲しい!と叫びたくなる愛しいキッチン廻りの品が揃っています。

乙女ロードから少し外れますが、こちらもオススメです。
松庵文庫(カフェ、雑貨)
 7/28まで「夏のかご市」展。
 ゆったりとお庭を眺めながらお茶をして打ち合わせをして、
 すっかりとリラックスをして iPhoneを置き忘れた記憶が…。

少し道を戻して、駅前へ。
新しく移転した ころもやさんへも寄りました。
いい綿絹の反物があったなぁ(遠い目)

西荻といったら、こけし屋さん!
ココの2Fのカフェはレトロで品の良いおじさまの給仕でまったり出来ます^^

こけし屋さんの横の道を進んで行くと、
文房具好きなら一度は手にしたことがある 水縞 さんのお店 nombre(ノンブル)
向かいには、「こひつじ不動産」なるDIYショップも見応えありました!

a0254466_18342529.jpg
そのまま駅の線路沿いの道へ出ると、これまた小さなよさげなお店が並んでいます。
あ、その途中に絶品なインドカレーのお店があった、はず。(名前、忘れまして)
この写真の並びには、並ぶキノコに目を奪われた焼き菓子のお店 maeuschen(モイスェン)
シトロンのマドレーヌ、美味でした!

駅の高架下マイロード商店街は、昭和な雰囲気が漂い、
マニアックなお店が並んで惹かれます。
フランクフルト の手作りハムやソーセージ、
クーラーボックス持ってお買い物に行きたいです。
途中この商店街で、
「ちょっと3分だけ」と言って、
ペタコさんがおばあちゃん服が並ぶレトロ手芸屋さんへ消えて行きました(笑)

北口からもお店巡り。

Loupe(雑貨)
久しぶりに立ち寄りましたが、変わらず心地よい雑貨が並んでいました!
マッテとポッケ(ライフスタイルショップ)
心惹かれるネーミングとカラフルでお!と言いたくなる雑貨に出会いました。
おにぎりポーチ、どうするかな(笑)
ギャラリーsind
a0254466_21464720.jpg
佇まいがとても美しく、思わず誘い込まれました。
ギャラリーみずのそら
いつも乙女になれる上品な展示をされているので、要チェックです♪

a0254466_18342570.jpg
歩き疲れて、〆は中国茶 一芯二葉 へ。
小さなお店なので、空いてたらラッキー☆な感じで。

a0254466_18342614.jpg
ゆっくりと茶葉が開くのを楽しみ、西荻チャサンポーお開きです。

あ、その後に、DMを置かせにダダダダーと廻りました。
西荻案内所
cadocco(ギャラリー)
ベビヰドヲル(昔人形、骨董)
カドッコさんのお隣、こけしがたくさんいました!
素敵な河童柄の端布をget。楽しい掘り出し物があるお店です。

西荻には、まだまだご紹介しきれない魅力的なお店がわんさか。
どうぞ西荻散歩をしながら、一欅庵(いっきょあん)へお越しくださいませ。

暑い暑い夏の日。
冷たいお茶をご用意して、お待ちしております!

a0254466_10291240.jpg

「一欅庵 和の暮らし展 ~秋を喜ぶ、秋を拾う~」
7/25(金) 11:00~19:00
7/26(土) 11:00~18:00
有形文化財 昭和の邸宅 一欅庵(いっきょあん)にて

a0254466_10291714.jpg

[PR]
by love-rakugan | 2014-07-22 18:13 | 2014年
a0254466_9372268.jpg


梅雨明けは、もうすぐでしょうか?
2週間後には、明けてるかな〜。

しっとりした梅雨の雨で、キノコが育っておりますよ!

7/25・26 の 『落雁と季節の会』では、立体のキノコも作ります☆
ありがたいことにワークショップは満員御礼ですが、
会の様子や落雁の実物を見て頂くことは可能ですので、ぜひお運び下さいませ。

また、当日は秋の節句の雰囲気を早々と楽しんで頂けますので、
秋が来るのが早い今年、秋の準備のヒントがそこかしこにあると思います!

あ、『落雁と季節の会』ワークショップご参加の方で参加費のお振り込みがまだの方は、
そろそろお願いしますね。

ワークショップは他にもあります。

***

うずまき堂 「花のエキスで作る万能クリームと美肌水」

こちらは、材料の関係で受付〆切が、7/18 になります!
お時間も融通してくださるようですので、ぜひお早めにお問い合わせしてくださいね。
詳細は、こちら →

***

野庵 「着付けの会*秋を結ぶ 帯の会」

今回は、名古屋帯のお太鼓結びの復習編です。
基本のお太鼓結びもいろいろな結び方があります。
ひとつの結び方ではなく、いろいろな結び方を知っていると、帯に合わせた結び方が出来ます。
お太鼓結びの?を解決しましょう!
お問い合わせは、こちらへ → yarn.event@gmail.com

***

さ、7/25・26の『一欅庵 和の暮らし展~秋を喜ぶ、秋を拾う~』まで、
こちらのblogでは日々参加作家さんの新作のチラ見やご紹介などをupしていきます!

どうぞ、お楽しみに☆


[PR]
by love-rakugan | 2014-07-14 11:11 | 2014年
香りよく、洗い上がりがとても気持ちいい石けんを作られる
うずまき堂 鈴木万由香(すずきまゆこ)さん。
なにより、その美女ぶりに皆さん釘付けで、洗う石けんの他に基本のお手入れを教えて欲しい!と切望して、
今回、美肌水と万能クリームを作るワークショップの開催が決定しました!
ぜひぜひ、ご参加くださいませ♪

a0254466_19343000.jpg
こんにちは、『うずまき堂』です。

今回『うずまき堂』はワークショップを開催します。

題して…

「花のエキスで作る万能クリームと美肌水」

潤うのにベタつかない、全身に使える 万能クリーム をフローラルウォ-ター(芳香蒸留水)を使って作ります。
下記の中からご希望のフローラルウォーターをお申し込みの際にお知らせください。

・ローズウォーター(全ての肌向き)

・ラベンダーウォーター(脂性肌・普通肌向き)

・カモミールウォーター(乾燥肌・敏感肌向き)

・月桃ウォーター(全ての肌向き・ややスパイシーなハーブの香り)


a0254466_19472184.jpg

そして、お風呂上がりのマストアイテム!
夏のダメージはもちろん、秋冬にも負けない肌本来の元気を思い出させてくれる 美肌水

あわせて作ります。
とても簡単なので、どなたでもお気軽にご参加くださいませ。
各日、13:0017:00からの予定ですが、

ご都合にあわせて個別に対応することもできます♪

所要時間は約40分。
料金:お一人3500円(材料費込み)

お申し込み先:info@uzumakido.jp

詳しくは、こちらをご覧くださいませ。→(http://www.uzumakido.jp/blog/2457/)


*材料等の準備のため、お申し込みの受付は7月18日までとさせていただきます。



[PR]
by love-rakugan | 2014-06-26 20:03 | 2014年
a0254466_12132598.jpg
秋の喜びはたくさんあるけれど、
今年は、不老長寿(若さと健康ですよっ)女子力アップを願う
菊の節句=重陽の節句を楽しんではいかがでしょうか。

満月のようにまあるい落雁には、菊の浮き彫り。
一緒にお月見も楽しめます♪

小さな秋のカタチを拾い集めて、お月様のような菊と共に御祝いする準備をぜひ。
今年の十五夜は、9/8。
重陽の節句は、9/9。
「秋の節句と秋の美味のこと」をマニアックにお伝え致します。

今回のワークショップでは、この大きい型をお持ち帰り。
お味は、菊、栗、芋。
どうぞ、お楽しみに☆

***

「一欅庵 和の暮らし展~秋を喜ぶ、秋を拾う~」
『落雁と季節の会』 ワークショップ
日時:7/25(金)満席になりました、ありがとうございました!
7/26(土)満席になりました、ありがとうございました!
14:00~17:00

※ お申し込みされた方には、本日中にメールにてご連絡させて頂きます。

場所:西荻窪 一欅庵(いっきょあん)JR西荻窪駅南口徒歩8分
費用:4000円(材料、テキスト、型、お包み、お抹茶代込み)
定員:各日12名ずつ
持ち物 :お手拭き、筆記用具


お申し込みは、

・メール(loverakugan@gmail.com)
・この記事へのblogコメント(承認制ですので公開されることはありません)
Facebook彩詠宛メッセージ

いずれかで、下記を明記の上、お申し込みください。

0・参加希望日(7/25金 or 7/26土)
1・お名前(ふりがな)
2・ご住所
3・当日連絡可能なお電話番号
4・連絡先メールアドレス
5・年齢

◆初めてご参加の方
6・アンケート1:お抹茶を点てたこと、また茶道を習った経験は?
7・アンケート2:着物に対するご興味、また 着物暦は?

グループで代表者の方がまとめてのお申し込みも可能です。
その場合もそれぞれの<お名前、年齢、当日連絡先、アンケート1・2>の記入はお願い致します。

折り返し、「お申し込み確認メールと振込先」を連絡先アドレスにお送り致します。
講習費の「振込確認メール」をもって、
正式なお申し込み完了とさせて頂きます。

やむなく欠席された場合は、
制作しました落雁をお包みして、テキストと共に着払いにてお送りさせて頂きます。

ご参加、お待ちしております!
[PR]
by love-rakugan | 2014-06-17 11:10 | 2014年
春に引き続き、西荻窪 一欅庵(いっきょあん)で開催しました
「一欅庵 和の暮らし展~夏を寄せる~」
5/23・24の両日、多くの方々にご来場頂きました!
ありがとうございました。

a0254466_2318511.jpg


2月の春の回とは打って変わって、新緑溢れ、風が心地よい夏の回。
季節を楽しむ作家さんのラインナップも少し変わり、涼やかな景色となっておりました!

a0254466_23351634.jpg


ガラス作家 一條朋子さんの抹茶茶碗。
キラキラと光を通し、お茶を頂くと金魚鉢を覘いているみたい!と、驚きの声も上がっていました。

a0254466_233684.jpg


茶碗の他に、ガラスの茶杓。

a0254466_2341169.jpg


落雁ワークショップの最後には、
一條さんから直接ガラス作品のことや新作のお話なども伺い、とても好評でした!
作家さんの新作を実際に使い、出来上がった背景なども一緒に知って頂けるこのスタイルは、
大切に続けていきたいと思っています。

a0254466_23392079.jpg
新作の帯留や、ペタコさんとのコラボ ”かっぱさんのグラスセット” のお披露目も^^

a0254466_2345179.jpg
作品を前に、皆さんゆっくりとお話しながらの盛り上がり。
ここからまた、新しい季節の新作が生まれます♪
一條さんは、(10/24・25)冬の回に再び登場。
次回、(7/25・26)秋の回の期間中は、松屋銀座7Fで個展をされています!

a0254466_23453462.jpg
うずまき堂さんの和のせっけんも、またまた夏らしいカタチが御目見得していました!
落雁ワークショップのお味 青紫蘇にちなんだひょうたん石けんも。

a0254466_23514095.jpg
スイカの石けん、あまりにもリアルで大好評!
庵内の水廻りでも、皆さんに使って頂きました。
次回、秋の回では、なんと!
綺麗の秘密「万能クリームと美肌水」を作るワークショップも開催予定。
どうぞ、早々と秋を楽しむ7月の回もお楽しみに♪

a0254466_03779.jpg
2階の奥座敷では、夏物の着物や帯などがたくさん並んでいましたよっ。
春に着物を始めた方、次の季節のモノを探しにいらしたり^^
有り難いことに「一欅庵 和の暮らし展」は、リピーター率がとても高いイベントです。

a0254466_054356.jpg
つまみ細工 姫コさんの新作「高天原の花・夏」
姫コさんの大作は他ではなかなか見られない!ということもあって、ファンの方がたくさんっ。
秋はどんな景色を見せてくれますか、とても楽しみです♪

a0254466_0113192.jpg
和キッチュ ペタコさんの落雁ワークショップで作る朝顔と、

a0254466_010215.jpg
同じ型から生まれた煌めく朝顔。

a0254466_013965.jpg
カラフルカエルクリップも落雁とお揃い^^
色が決められなーい!という声、続出でした!

a0254466_0315787.jpg
『落雁と季節の会』も3回目の夏。
今回は、寄せて作る朝顔や水紋、カエルなど、
涼やかな気持ちにしてくれる夏の姿を落雁に。
春も好評だった落雁と雲平の景色。
作った落雁を少しずつ頂いて、まずは目で楽しんで頂き、
懐紙に取る楽しみも感じて頂きました。

a0254466_0453598.jpg
落雁を作る作業は、とてもシンプルなのですが、

a0254466_0455486.jpg
皆さん、真剣でいて出来上がるととても笑顔^^

リピーター率が高く、始まった時から毎回ご参加下さる方もたくさんいらっしゃるので、
カタチはもちろんのこと、味や素材にもこだわって、
「こんな落雁、初めて!」
と言って頂けるように、レシピを作成しています。
地味な存在、?な落雁。
新しい可能性を毎回お伝えしています。

a0254466_119355.jpg
作り終えた落雁は、
すぐにプレゼント出来るように和のお包みをしてお持ち帰り頂いています。

a0254466_1215775.jpg
今回は、作って頂いた朝顔落雁と同じ図柄のポストカードを添えてお包みするカタチ。
お包みの仕様も毎回色々。
ご好評頂いております^^

a0254466_1261533.jpg
最後は、茶室へ移動して出来たて落雁とお抹茶を楽しんで頂きます。

a0254466_131143.jpg
お茶会などで困らない、知っておくと安心な茶席の基本の作法や頂き方なども合わせてお伝えしています。

a0254466_135453.jpg
落雁を作る=1時間、お包みをする=1時間、茶室でお抹茶を頂く=1時間。
3年目の『落雁と季節の会』は、前よりちょっと長丁場ですが、
日本の季節、日本の行事など、
次へ繋げていきたいペタコと彩詠の想いがギューッと詰まっています!

a0254466_1452159.jpg
特に去年までと一番違うのは、単にお茶を飲むだけでなく、
茶室で外からの風を感じながら、お庭を見ながら、
出来たての落雁でお抹茶を楽しんで頂くコト。
気軽に本格茶室でお手前を見てお抹茶を頂く機会は少ないので、
とても好評です^^
有り難い。
何よりこの場所一欅庵(いっきょあん)に出会い、使わせて頂けることに感謝です。

a0254466_2142184.jpg
お着物を着て、出掛ける場所のひとつとして楽しんで頂いたり、

a0254466_225229.jpg
私たちスタッフも、より皆様に楽しんで頂けるように、
まずは私たちから楽しもう!と、知恵を絞っています♪

a0254466_2274273.jpg
夏の回は、以下のメンバーでお送りしました!

* 一欅庵(会場)
* 一條朋子(ガラス)
* うずまき堂(和の石けん)
* 姫コ(つまみ細工)
* 野庵(着物と帯結びのワークショップと四季の和小物)
* 和キッチュ(手刺繍半衿と和小物)
* 落雁と季節の会(落雁ワークショップ)

次回は、早くも7月に秋の回。
よりパワーアップして、皆様のお越しをお待ちしております^^

7/25(土)・26(金)
『一欅庵 和の暮らし展~秋を喜ぶ~』


ワークショップのお申し込みやなどは、6/26 より受付開始。
先ずは、手帖にチェックしておいてくださいね♪

それでは、次回、7月にお会いしましょう^^
[PR]
by love-rakugan | 2014-06-05 11:11 | 2014年
いよいよ迫って参りました、一欅庵 和の暮らし展〜夏を寄せる〜
今週、金曜日(5/23)土曜日(5/24)の二日間開催です!

a0254466_1542174.jpg


「季節が待ち遠しくなる草履」
これから夏の浴衣や夏着物のコーディネートに、ぜひプラスして頂きたい草履下駄が出来上がりました♪

a0254466_1542133.jpg


夏のキラキラした緑や光、水、空を草履の天(足をのせるところ)と鼻緒に込めました。
春から秋、シロツメクサと夏木立を駆け抜ける軽やかな足元に♪
インドシルクを手染めして、鮮やかグリーンに。
ラミネート加工してありますので、汚れ防止、耐久性はバッチリです。

a0254466_17253153.jpg


軽いヒミツは、台。
桐の舟型台は、白木のあらわし。
草履のカタチなので、夏のちょっとしたおめかしにもピッタリです。
もちろん、浴衣にも♪

昔ながらの舟型台は、スッキリとした昔ながらのカタチ。
おおよそ23~24cmの方向けですが、鼻緒の挿げ具合で± 0.5cm まで良いかと。
足に合わせて挿げてお届けしますので、予約制になります。

まずは、5/23・24 に西荻窪 一欅庵へお運び下さいませ♪
[PR]
by love-rakugan | 2014-05-22 11:11 | 2014年
a0254466_1505793.jpg


野庵です。

ゆっくり時間の流れる一欅庵さんでの展示
「夏を過ごす 夏を寄せる」は
ちいさいけれど存在感のある
とても愛らしい作品をお持ちします☆

a0254466_1594372.jpg


同時開催の帯結びの会
23日定員残り3名です!

a0254466_1594824.jpg


■ 日時 (1回完結の会です。)
5月23日(金)または24日(土) いずれも AM11:30~13:00

■ 場所 一欅庵 (いっきょあん) 
東京都杉並区松庵2-2-22  JR西荻窪駅南口より徒歩8分
(登録有形文化財の広くてすてきな邸宅です。) 

■ 定員 8名

■ 会費 ¥1,500

■ 講師 鳴海彩詠

2014年のテーマは 『全方向大人可愛い、綺麗な帯まわり』

オトナが可愛すぎず、少し粋に、着物にも浴衣にも
結べる半幅帯の使い方をお伝え致します。

● 野庵着付けの会 夏を結ぶ ●

上記サイトをご確認の上、事前にお申し込みくださいませ。
お待ちしております!
[PR]
by love-rakugan | 2014-05-13 15:00 | 2014年